FC2ブログ

(HV)余命

今日のWOWOWはピンクリボン運動キャンペーン
余命」(初見)
2008年 2:11 HV・AAC(WOWOW)

観る者の年齢や性別、既婚・未婚、出産経験の有無なので大きく感想が変わってくるだろう、
生命や死生観、倫理観をテーマにした真面目な人間ドラマ。
ただあまりにも真面目すぎて、映画としてのエンターテイメント性は低く、
ピンクリボン運動のキャンペーンムービーと言った印象を拭えない。

ストーリーは至ってシンプルに、
結婚10年目にして待望の妊娠。しかし喜び束の間、胸の異常に気付き、
それは全身性乳癌の再発を意味するのだった。
子供を諦め、治療に専念するか。それでも完治の見込みは無い。
病気の進行を早め、余命の時間を削ろうとも子供を生むのか。
究極の選択を迫られる。
松雪泰子と椎名桔平の演技は流石で心を震わす演技は見物。
とにかく一つ一つが丁寧で真面目に描かれており、
映画だからといって変に誇張したり、意外性のある展開があったりもしない。
松雪泰子の独白調で語られる事も後押しし、どこか淡々としている。
そう、悪く言ってしまうと退屈なのだ。
ドラマ展開としては既成路線をなぞらえるだけで、決してはみ出る事は無い。
安っぽくは無いけど、ドラマが無く平坦過ぎる。
ならば大げさであってもスィーツ(笑)の方が映画としては楽しめるのかもしれない。
決して悪くは無いのだが、2時間超えと言うこともあり冗長に感じられる。

画質はそれなり。
邦画らしい画質ながら、時おりHVらしさも感じられる。
全体的に白を基調とした画作りで、色彩感も淡い。
白ボケではないものの、コントラスト感が無くどうも締りの無い映像に見える。
奄美大島のロケーションを活かし切れず、どうも平面的に感じられる。
TVドラマ的な画作りをフィルムで再現したような印象に思える。
余命

音質は物足りない。
作風柄、音響がしゃしゃり出るようなシーンは皆無で、
セリフとBGMがその殆どの割合を占めているだろう。
AACの2chと言うこともあり、邦画独特の篭り感のある聞き取り難いセリフ。
BGMはやや低音があるも、音場は狭く高音の抜けも足らない。
擬似サラウンドによる効果はあまり無く、
元より移動音や効果音などが少ない事もあり、
ちょっとした環境音などでサラウンドしてくれる程度。
とにかく中~高音域にかけての劣化が感じられ、
篭り感・シャリ付きが若干目立つ。

乳癌をテーマにした真面目な人間ドラマ。
とにかく真剣味あふれるテーマの上に、
究極の選択を迫られるなど、
題材としては重く大きいものの、ドラマ展開は既成路線。
どうもピンクリボン運動キャンペーンムービーにしか見えない。
ただ女性視線で展開する事もあり、やはり女性向けの映画なのだろう。
年齢や性別で大きく感じ方・感情移入度が変わってくる事は間違いない。

    



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

2010.02.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 や

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販