FC2ブログ

ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ:まとめ弐

あまりに面倒臭い作業なので2回に別けてしまいました。
前回に引き続き、後半(エジプト)でのIMAX盤と通常盤の違いを検証。
今回もリヴェンジマンさんの情報にお世話になりました。

画像が多いので↓続きにて




1:53:02~
デバステーター合体前、シモンズとレオと取り囲みコンストラクティコンが集結するシーンで、
赤いダンプトラックが走るシーンがIMAX版で追加
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約80/24秒


1:53:17~
同集結シーンで高台の上から登場するブルドーザーとダンプカーのシーンが若干IMAX版は長い。
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約24/24秒

1:53:42~
デバステーター合体シーンにて、
触手?のようなもので緑色のミキサー車を取り込むシーンが、IMAX版では微妙に長い。
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約4/24秒

1:53:46~
合体シーンにて、ブルドーザーのフレームインがIMAX版で微妙に長い。
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約4/24秒

1:57:05~
IMAXシーンとは直接関係の無い、
どちらもシネスコサイズのシーンも若干の違いを見つけました。
NEST部隊と一緒にアイアンハイドとアーシーが走り出すシーンで、
アーシーの最後のフレームアウトが若干IMAX版では長い(壁の後ろのハイドが見える)
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約14/24秒

1:57:11~
ピラミッドの遠景ショットからズームでデバスに寄って行くシーンがIMAX版は微妙に長い。
(メガトロンが「デバステーター!」と叫ぶシーン)
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約7/24秒

1:57:16~
上記直後、シモンズとレオのバスの背後でのやり取りがIMAX版では若干長い。
(これもシネスコサイズでの違い
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約11/24秒

1:57:16~
上記直後の吸い込み開始のフレームインカットがIMAX版は若干長い。
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約19/24秒

1:57:31~
上記同一カット上のフレームアウトがIMAX版では一瞬長い。
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約2/24秒

1:57:40~
吸引中に車が飛び、レオが棒に掴まるシーンのフレームアウトがIMAX版では微妙に長い。
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約6/24秒

1:57:41~
大吸引中を遠景からズームするフレームインがIMAX版は微妙に長い。
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約8/24秒

1:57:47~
上記同一カットのデバステーターのフレームアウトがIMAX版で微妙に長い。
(ツインズの会話直前)
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約5/24秒

1:57:58~
デバステーターがタンクローリーを吸い込んで体内で爆発し黒煙が吹き出るシーンで、
IMAX版は若干長い。
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約16/24秒

1:58:27~
ツインズ(赤)がデバステーターに吸い込まれるシーンがIMAX版では微妙に長い。
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約8/24秒

1:58:27~
上記直後のカットのフレームインがIMAX版では微妙に長い。
(デバステーターの口がキチンと閉じるシーンから始まる)
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約4/24秒

1:59:04~
ツインズ(緑)がデバステーターの足をよじ登りはじめるシーンがIMAX版では微妙に長い。
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約4/24秒

1:59:16~
ツインズが振り子のように宙を舞うシーンの赤い方がアップのシーンがIMAX版で微妙に長い。
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約8/24秒

1:59:25~
ツインズの連携が失敗し、緑の方が落っこちて行くシーンがIMAX版では微妙に長い。
(着地後のカットへと綺麗に繋がる)
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約6/24秒

1:59:33~
着地愚痴後のロングカットのフレームアウトがIMAX版では微妙に長い。
ビッグ・スクリーン・エディション~トランスフォーマー/リベンジ約6/24秒


ふぅ~、とりあえずこんなもんでしょうか。
全部合わせると852/24秒。
そこへ通常版しかないシーン42/24秒を差し引き、810/24秒。
これを24pで割ると約33.75秒。
実際には31秒差がありますが、大体誤差範囲内と言っても良いでしょうかね。
(エンドロールの時間で1秒差がありますし)
一応、ここまでがIMAX盤にだけ”あるシーン”と”無いシーン(1箇所)”の違いになります。
他にも画面サイズの違いによる映り方云々があるのですが、
その辺りもほんのチョットだけ検証します。
よって、次回へ続く・・・w

>>:まとめ壱
>>:まとめ弐
>>:まとめ参

テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

2010.01.26 | Comments(0) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販