ドッペルゲンガー

今日のレンタルDVDは邦版ファイトクラブ
ドッペルゲンガー」(初見)
2002年 1:47 4.92Mb/s 192kbps(DD・ST)

一応ホラーと言うジャンルで選んだつもりだったが、
どちらかと言うとサスペンス風。
ある日突然、自分の分身(ドッペルゲンガー)が現れ、
否定しつつも、協力し合いながら自分では出来なかった事を達成させようとする。
2重人格かと思ったが、
実際に分身が同時に存在し、会話も交わす。
なんとも奇妙で不思議な世界へ紛れ込んだかのよう。
回路と同じ黒沢清監督。

本編の殆どが役所広司の一人二役による一人舞台。
ワンカットでのフレームイン・フレームアウトや、
別撮りによるカット割、または画面分割窓枠で同時表示させたり、
代役は後頭部のみで多々出演。
または数ヶ所程度だが、VFXを使い二人同時に見せたりも。
お世辞にも良いとは言えないが、それなりの創意工夫は見て取れる。
その一人二役、理性と本能の対比が非常に面白く、
真面目に会話する姿はシュールで笑いを誘う。
また分身が平然とハンマーやシャベルで人を殴打するなど、
暴走気味のバイオレンスもあり、
何をしでかすか分らないハラハラ感が良いアクセントに。
全く違うキャラクターの演じ別けをこなす役所広司には頭が下がる。
ストーリーは前半まで本人と分身がいがみ合いながらも、
一つの目的の為に協力しあうのだが、
時おりブラックコメディ的なノリもあり、なかなか楽しませてくれる。
ただ中盤以降テンポの悪さが目立ち、ラストまでは少々長く感じる。
また本人と分身との間で必死に葛藤している割りに、
あまり感情移入出来ないと言うか、客観視しながら見ている気分。
内容はなかなか面白いのだが、
どうも奇妙で不思議な世界を見ているような感覚しかない。
現実感が無い映画の作りとでも言えば良いだろうか。
その他、脇を固めるキャストもなかなか好演。
特に永作博美の可愛さにビックリしたw
いつもロングで額を出しているイメージが強かったが、
ややセミロングの前髪があって妙に新鮮と言うか、初々しい?
まんまる顔に見えるけど、時おり見せる表情がなんとも可愛らしい。
永作博美ファンなら必見かもw

画質は悪い。
HDカメラを使用しているらしく、フィルムグレインは見当たらないものの、
意図的にフィルム風に彩度やコントラストを抑えた画。
また暗部には高感度ノイズが目立ち、フォーカスも甘い。
そこに加えて盛大に乗るペグノイズ。
ブロックノイズやモスキートノイズも多数散見出来、
特に気になるのが擬似輪郭。
グレインが無く割とスッキリとした映像だからなのか、
余計にこれが目立つ。
もう少しどうにかならんのかね。

音質はしょうがない。
これといった音の見せ場もあるワケではなく、
決して音質は良く無いが、まぁ不満を挙げたらキリが無い。
セリフが結構篭り気味だったのが気になったが、
ドルデジ192kbpsの2chにしては頑張っているでしょう。
擬似サラウンドも許容範囲内。
とりわけ後方から音が飛び出すような事はなく、
音場の広がりや立体感を引き出す程度。
無いよりはあった方が断然良い。

ドッペルゲンガーとの奇妙な生活?を描いた、
ホラーと言うよりサスペンス風。
理性と本能の葛藤を一人二役の役所広司がシュールに、
時にコメディにと演じ別けが見所。
なかなか面白味のある映画だが、
奇妙な世界を見せられている気分なので、
現実感や感情移入といったものは薄い。
極論を言えば邦画版ファイトクラブのよう。

 

>>ホラー映画のすゝめ




ドッペルゲンガー

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

2010.01.14 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 た

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販