スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

バタフライ・エフェクト3/最後の選択

今日のレンタルDVDはバタフライ効果のHOW TO
バタフライ・エフェクト3/最後の選択」(初見)
2009年 1:30 5.97Mb/s 448kbps(DD)

秀逸な脚本で唸らせてくれた1作目。
二番煎じに甘んじた2作目。
そしてまた焼き増しかと思いきや、1作目に迫る出来と評判の3作目。
期待しつつ、力の入った3作目を視聴。

まず3作目と言ってもシリーズ全てに繋がりは無く、
過去へ飛び、良かれと思った行動が別の何かへ影響を及ぼし(バタフライ効果)
次から次へと負のスパイラルに陥ってしまうと言う本筋だけが共通点。
よってその整合性やら意外性が問われるわけで、
この突飛な設定をどう活かすのか。
3作目になり事件の真相究明といったサスペンス要素が大分色濃くなっており、
また新たにホラー的なスパイスがかなり効いている。
このお陰で前2作とはまた違った魅力が生まれ、
バタフライ効果の新たな側面を知る事が出来る。
結末はシリーズお決まりの切ない展開が待っており、
感情移入すればするほど感動の度合いも大きくなってくるだろう。
しかし正直な所、前2作を見ていれば中盤あたりで犯人やら結末は読めてしまうだろう。
もしかすると未見の人でも勘がよければある程度予想が付いてしまうと思う。
サスペンス要素を多くした事により新たな魅力を出しつつも、
その反面サスペンス映画としては詰めが甘く、ストーリーに多くの綻びが生じてしまっている。
どうしても意外性だけが先行してしまって、そこへ至る過程が半端過ぎて、
先は読めてしまうし、整合性も強引なものになっている。
このバタフライ・エフェクトの本来の魅力は何と言っても、
些細な事がキッカケで何が起こるか分らない展開であって、
先が読めてしまうのは致命的過ぎだ。
この点においては二番煎じだった2作目にも劣るかもしれない。
ただ個人的にはもう一つのホラー要素。
”何が起こるか=誰が殺されるか”
これが設定となかなか上手く噛み合っているので、方向性としてはある意味正解だと思う。
演出やBGMなどもホラーをかなり意識させており、
まさかこんなにビクビクさせられるとは思ってもみなかったw
またグロシーンも多めにあり、明らかに一般向けとは異なる。

画質は微妙。
このところBDばかりを見ていたせいか、観始めは甘くボケた映像に慣れるのが大変だったw
フォーカスがズレたような甘い映像。
情報は潰れ、輪郭は滲み、全体に色ノイズが散らばり、暗部はザワつく。
ちょっと引いたショットは視力が悪くなったのか?と勘違いしてしまうほど。
何よりも字幕のジャギーが酷すぎww
あぁ~、DVDってこんなに画質が悪かったんだ・・・。
BDやHV放送を見慣れてしまうとSD画質は堪えるw
とは言っても暫らくすればそれも慣れてしまう。
DVDとしての画質は程々。
暗部のザワつきや黒潰れが極悪に酷いものの、
それ以外は大きく視聴の妨げになる事は無く、
ペグノイズなども目立つ程でもない。

音質はそこそこ。
意外にも低音が効いており、どっしりと響くLFEが心地良い。
中音域はやや希薄で物足りないも、中~低音の繋がりは良くまとまりのある音。
高音は正直あまり良くはない。
伸びが足らず頭打ち感がどうしてもある。
線も細く、もう少しと言う所でふっと消えてしまう印象。
ただ全体的にみるとピラミッドバランスながらも、
低音が効いているお陰で、それほど悪くないと思える。
サラウンド感もそこそこ。
移動音を利かせるタイプではないので、効果音で目立たせる事は無いも、
環境音など随所で包囲感を感じさせてくれる自然な音の配置と言った印象。
また一部のBGMの効果音でリアスピーカーを活用してたり、
意識せずともサラウンド感が味わえるサウンドメイク。

過去を変えるも、上手くいかない未来。
ただ”愛するものの為に”
嘆き、苦しみ、負のスパイラルを断ち切ろうとする。
運命に抗う行為で最後に選択するのは・・・
普通に観ればそれなりに面白く、切なさMAXのラストが待っている。
しかし1作目のような物を期待すると確実に外す。
また安易な伏線が多く、先読み出来てしまうのもマイナス要因。
その他にもホラー要素が多く、グロや恐怖心を煽るシーンが多々あり、
切ないドラマのみを楽しみたい人にはお勧め出来ない。
結局のところ「バタフライ効果」を使い、
どんなストーリーが出来るのか。
シリーズ唯一の共通点であり、前2作を見ていなくとも楽しめる。

    




バタフライ・エフェクト3

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2010.01.05 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。