スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(HV)グラスハウス

今日のエアチェックは一昔前に有り勝ちな・・・
グラスハウス」(初見)
2001年 1:46 HV・AAC(WOWOW)
サラウンド感:★★ 音質:★★★

B級サスペンスと言うほどショボい作りではないが、
とにかく全体を通して薄い、空気のようなサスペンスw

思春期の情緒不安定さと、疑心暗鬼を巧く織り交ぜたプロットは良いものの、
それを上手く活かしきれていない。
中途半端な布石しか用意できず、先の展開はバレバレ。
意外性も無ければ、どんでん返しも無い。
そこそこの雰囲気は出ているものの、
イマイチ盛り上がりに欠ける。
決してツマラナイ訳ではないけど、空気のように薄いサスペンス。

画質はすこぶる良好。
年代を考えるとこの画質は驚きだ。
一昔前のフィルムライクな映像なので、
ディティールはやや潰れてしまっているのだが、
解像度感たっぷりで、輪郭がシャープでクッキリハッキリしている。
まるでBDのフェイス/オフを髣髴とさせる。
ただ映像にバラツキが大きく、引きのショットは情報が潰れてしまっており、
年代相応よりも悪い。
それでも時折息を呑むほどの高精細な映像だったりと、
観て目の肥やしにするには十分。
グラスハウス

音質もそこそこ。
高音域の伸びがそこそこ感じられ、音場が広い。
あまり低音は多くないが、浮つくほど軽くなく。
中音域はややアッサリ気味だけど、篭り感もなくクリア。
全体的にバランスが良く、聞き易い。
サラウンド感は寂しめ。
閑散とした豪邸の反響音などリアスピーカーを多く活用するも、
日常シーンはダンマリ。
移動音や効果音なども積極的にサラウンドされているが、
音がフロントに集まりやすく、物足りなさを感じてしまいがち。
音場の広がりや定位感はそれなりに良いだけに、ちょっと勿体無い。

一昔前の有り勝ちなサスペンス映画。
そこそこ丁寧に作られているものの、
意外性や捻りが無く、簡単に先読み出来てしまう。
ハラハラ・ドキドキ感も薄い。
キャストの演技や雰囲気の良さなど、
昔ならばそれなりに楽しめただろうが、
今の時代では空気のようなサスペンスになってしまう。

    



テーマ:サスペンス・ミステリー - ジャンル:映画

2009.11.18 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 か

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。