FC2ブログ

(HV)ベガスの恋に勝つルール

今日のエアチェックは教科書通りのラブコメ劇場
ベガスの恋に勝つルール」(初見)
2008年 1:39 HV・AAC(WOWOW)
サラウンド感:★★★ 音質:★★★

教科書やお手本を書き写したのかと思うくらい、
コテコテの王道ラブコメ真っ只中。
もちろん別段真新しさは皆無だが、大きく外さない。
良くも悪くも。

内容については殆ど語る必要性が無いんじゃなかろうかw
しかるべき設定や人物像で、
予想通りの展開、お決まりのラスト。
それを演じるのがキャメロン・ディアスとアシュトン・カッチャーと言うだけ。
”ラブコメ”の比重はラブ:3、コメディ:7と言った具合に、
コメディ要素が多く、感情移入し恋愛ごとを楽しむには不向き。
ギャグも下品さや過激さが強め。
全体的に無駄が非常に少なく、テンションが高いので、
テンポ良くサクサク進む印象。
この手の作品を見慣れていても飽きは少ないのではなかろうか。
とにかくぬるま湯に浸かる気分で、
笑ってスッキリして、ハイ、それまで。
それ以上でも、それ以下でも無い。

画質は良好。
フィルムグレインがしっかり乗っており、
発色は鮮やかでコッテリ気味でフィルムライクな映像。
解像度感や精細度感はそこそこ感じられるが、
映像にバラツキがあり、時折アレ?と思う事も。
目立つノイズも少なく、全体的にはHVらしい映像。
ベガスの恋に勝つルール

音質も良好。
LFEは薄く物足りないものの、
低音域をSWへ通してあげると大分良くなる。
中~高音域に関しては特に不満なく、明瞭さもそこそこ感じられる。
とにかく全体的に音が軽い印象なので、低音を補いさえすれば。
サラウンド感もそこそこ。
基本的にはセリフの応酬だが、
ベガスのカジノやパーティーと言った人ごみの多い場所では、
しっかりリアスピーカーを使い臨場感を出してくれている。
とりわけ目立つワケではないものの、
要所要所でサラウンドされており、包囲感は必要十分。

ラブコメのお手本のような映画。
ドタバタ・お下劣ギャグ・ハイテンション。
非常に分り易くシンプルで、
本当に安心して観ていられる。
主演二人の存在感と、場の雰囲気を楽しめる人向け。

    



テーマ:WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル:映画

2009.11.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販