FC2ブログ

(BD)300<スリーハンドレッド>

本日のBlu-rayは
300<スリーハンドレッド>
2007年 1:57 13~18Mb/s(VC-1) TrueHD/リニアPCM
サラウンド感:★★★  音質:★★★(TrueHD 640kbps)  画質:8

綺麗なんだか汚いんだか良く分からない画質だったw
もともとCGを多用した映画だから輪郭のシャープさや精細感は十分感じられる。
しかし後から負荷したデジタル処理による色合いのバランスやフォーカス、
そして一番目に付くフィルムグレイン。
過度すぎる。
確かにそれが作風に味のある雰囲気を出していると思う。
でもなんつーか、アニメっぽw
DVDに比べ、よりその印象が強くなった気がする。
まぁ明らかにBDの高画質さを堪能出来る綺麗さではあったけど。
それにしてもグレインが目立つ。。。。
ノイジーなんだけどチラツキは少ないんだよな。
何だろこれ。
そもそもVC-1でレートも低めなのに画質にはあまり影響を及ぼしてない気がする。
クリアなんだけど、ボケてる。
リアルなんだけど、立体感に欠ける。
シャープなんだけど、ノイジー。
高コントラストなんだけど、色味(階調)がない。
おもしろw

音質も良好。
明らかにDVDより良く感じた。
もちろんTrueHDのコア部640kbpsなんだが、それでも音の良さは実感出来た。
つかね、
TrueHDとPCM5.1とDDの3つ音声が入ってるんですわ(英語音声は)
で、TrueHDのコア部とDDは同じ640kbps。
ロスレス音声に対応していないのならDDで聞くのが道理だと思ってたけど、
実際に両音声を聴いてみると明らかな違いがある。
簡単に言えばDDの方はドンシャリ。
一聴するとTrueHDの方が音が伸びていないようにも感じられるけど、
DDの方が低音・高音共に強調された感がすごくある。
DVD時代のDDとDTSの差みたいな印象をうけた。
何なんだろ。
つーか、DDは信用ならんねw

あ、そうそう中身についてだが、
相変わらずのアメコミみたいなノリだね。
シンプルに悪と正義が対決。そして裏切り者とか。
その分他の所に頭を使わずに済み、アクションシーンに集中出来るし。
でもまぁスローモーションを多用した肉弾戦とか血飛沫も最初は見物だったけど、
2度目、3度目となると細かい部分を見てしまう。
まぁぶっちゃけCGの粗探しなんだがw
でも意外と分からないもんなんだね。
うん、リアリティさがないから痛さも感じられないし、ホントアニメみたいだったw

    



テーマ:Blu-ray Disc - ジャンル:映画

2008.10.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 0-9

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販