FC2ブログ

(HV)カニング・キラー 殺戮の沼

今日のエアチェックはB級社会派気取り
カニング・キラー 殺戮の沼」(初見)
2007年 1:34 HV・AAC(WOWOW)
サラウンド感:★★★ 音質:★★

B級モンスターパニックにあらず。
社会派を気取ったB級の社会派映画と呼ぶべきw

巨大人食いワニを捕獲しに行ったはいいが、
紛争地域の部族ゲリラに狙われて、
ワニそっちのけの逃走劇。
部族闘争の殺戮云々とか中途半端な社会派を気取ったせいで、
主軸がブレてしまい、肝心のワニが脇役扱い。
人食いワニの誕生理由とか、中途半端な掘り下げしか出来ていない。
やるんならもっとしっかりやれよ、と言いたくなる。
でもまぁ人食いワニの演出はそれなりに良く出来ており、
CGのクオリティも決して低く無く、
粗が出そうなアップはあえてフレームアウトさせつつ、
最小限の演出と細かいカット割りで恐怖煽りは十分。
陸上をドカドカと走り回ったり、恐竜並みの咆哮を上げたり、愛嬌たっぷりw
出番は少ないものの、モンスターパニックとしての出来は良い。

画質はそこそこ。
HVらしさは感じられるものの、フォーカスが甘く精細感に欠ける。
フィルムグレインはほんのり乗っている程度で、
質感はそこそこ感じられるが、暗部の出来がいまひとつ。
アフリカのロケーションを活かす遠景ショットは絶景だが、
夜になると極端に視野が狭くなったように情報が欠落してしまう。
また草木が揺れたり、画面がパンすると途端にノイズが目立つ。
全体的にアフリカ大地に合わせた赤茶けた色合いで、こってりした色ノリ。
HV放送としては十分だが、もう少し精細感が欲しい所。
カニング・キラー 殺戮の沼

音質はもう少し。
やはり低音が不足気味で沈み込みも浅い。
巨大ワニがドカドカいったり、咆哮したりするも、
低音不足に迫力が欠ける。
中~高音域に不満を感じないものの、あまりパッとしない。
サラウンド感は良好。
銃撃の効果音などリアスピーカーをしっかり活用するなど予断は無い。
またワニの気配を匂わせる物音などを後方へ配置させるなど、
この手の映画の聞かせ所は押さえてある。
あまり広がりのある音場ではないものの、
包囲感としては十分。

実話を基に・・・と言ったアフリカの紛争ごとを取り入れてしまったお陰で、
モンスター・パニックとしての魅力が薄れ、
中途半端な社会派メッセージしか描けていない。
そんな題材は専門の監督に任せて、
素直にワニだけにフォーカスを当てて欲しかった。
ワニの演出が良かっただけに、非常に残念で仕方ない。

    

>>ホラー映画のすゝめ



テーマ:WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル:映画

2009.11.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 か

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販