FC2ブログ

(HV)ウォー・ゲーム ザ・デッド・コード

今日のエアチェックは劣化版イーグル・アイ
ウォー・ゲーム ザ・デッド・コード」(初見)
2008年 1:41 HV・AAC(WOWOW)
サラウンド感:★★★ 音質:★★★

最先端のコンピューター技術やネット時代の有り勝ちなSFサスペンス?
どう見ても劣化版「イーグル・アイ」で、どこと無く「エネミー・オブ・アメリカ」風。
この手の巻き込まれ型サスペンスは、見せ方次第でどうとでもなってしまうが、
これは失敗作としか言いようが無い。
ちなみに83年製作「ウォー・ゲーム」のリメイクらしいが、
もちろんオリジナル版は見ていない。

この映画の最大の欠点が二つほどある。
まず設定に無理があり過ぎて、物語に入り込めない。
ネットゲームで高得点を叩き出した人物をテロリスト予備軍として監視するとか、
AIコンピューターに標的を探させ、そのまま全自動で実行させるとか、
そのAIコンピューターの管理側が一切何も出来ないでただ見ているだけとか、
アホ過ぎて呆れてしまうw
次に追跡劇が拙すぎて面白味に欠ける。
どう見ても本気で捕まえようとする気が無い組織(?)側。
緊迫感やスリリングさがまるで無く、
せっかくのハイテク時代にアイディア一つも出さずに、
あ、いた!追え!見たいな鬼ごっこ気分。
どうせ「イーグル・アイ」のパクリなら、演出のアイディアごとパクれよ!www
もう見ていて何もかも温過ぎる。

画質はめちゃめちゃ綺麗。
非常に細かいフィルムグレインが点在し、
ディティールを潰す事無く高精細を保っている。
時折暗部でザワついたり、逆にサッパリしてしまったりとバラツキはあるものの、
通してみても高画質を実感出来る。
色合いは色温度が高めの寒々しい青味色は作風に合っており、
コントラスト感も高く、メリハリ・立体感のある映像。
まさかHV放送でここまで高画質な映像を見れるとは思ってもいなかったw
ウォー・ゲーム ザ・デッド・コード

音質はもうひと踏ん張り。
絶対的な低音が足らず、音が浮いてしまっている。
LFEは薄っすら入っている程度なので、
フロントの低域信号もSWへ通してやるとかなり改善される。
中~高音域に関しては特に不満無く見ることが出来るが、
低音不足のせいでイマイチ迫力に欠けるといった印象。
サラウンド感はそこそこ。
アクション(らしき?)シーンでは移動音や効果音など、
それなりにサラウンドされており、リアスピーカーの存在感を感じる事が出来る。
決して派手ではないものの、包囲感は十分味わえる。

ネットゲームで高得点→テロ予備軍として監視→
あ、母親化学工場勤めてる、怪しい!怪しいぞ!→
全自動AIコンピューターが標的と見なし・作戦実行開始→
でも管理者何も出来ず、指くわえてオタオタ→
核戦争勃発、人類滅亡・・・・・・→
なーんちゃって、実はゲームでした、サーセンwww
そんな感じの映画です。

 



テーマ:WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル:映画

2009.11.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販