FC2ブログ

(HV)レッドライン

今日のエアチェックは成金によるわらしべ長者?
レッドライン」(初見)
2007年 1:35 HV・AAC(WOWOW)
サラウンド感:★★★ 音質:★★

どう考えても劣化版ワイルド・スピードなのはご愛嬌w
B級と割り切って観るべき作品であって、
写真でしか見た事の無い超高級車が走っているだけで満足出来る人向け。

主にラスベガス舞台とした富豪達の豪遊っぷり。
ポーカー、と言ってもたかがトランプでの掛け金が一口20万ドル。
儲けたお金でエンツォ(120万ドル)を購入、そのままレースへ。
エンツォを走らせ勝った金額200万ドル。
でもライバルが負ける事にエンツォを賭けて没収されるw
そんなわらしべ長者真っ青な雲の上の遣り取り。
互いの見栄やプライドと、お金を賭けた高級スポーツカーレースがメインのお話。
とにかく出てくる物は高級品ばかり。
ストーリーはあって無い様な、行き当りばったりの展開。
ツッコミ所以前に言動の説得力が全く無いので、
シンプルなストーリーなのに真面目に観ると置いてけぼりを食うw
まさに金と高級品(車)を着飾っただけの、中身の薄い映画。
またメインであるレースシーンも、
細かくカット割りされたシーンのつぎはぎだらけで、
一連の動きが分り難く、緊迫感や迫力と言ったものに欠ける。
やはり比べるまでも無いが、
ワイルド・スピードが如何に巧く撮られているのか実感出来るw
実際のレースには本物のスポーツカーを使っており、
惜しげもなくクラッシュさせたり、映像に迫力無くとも意気込みは買いたいw
ただ緊迫感あるレースと言ううたい文句は、
間違いなく製作者側の緊迫感だろうと思うwww
ただし素人目にもカッコ良い、速そうと思わせる車がぞろぞろ出てくるし、
流石に高級車だけあって品がありますwww
ヒップホップミュージックやアンダーネオンとは無縁の世界w

画質はそれなり。
高精細・高解像度はあまり感じられず、車の質感などもイマイチ。
発色は鮮やかなので明るいシーンばかりな事もあり、
それなりに綺麗に見える。
コントラスト感もそこそこ感じられ、白ピークは眩しいくらい。
黒はしっかり沈み、引き締っている。
これと言ったノイズは見受けられず、まとまりある映像。
どうしてもワイルド・スピードの画質が記憶に残っているので、
比べてしまうと物足りなさを感じてしまう。

音質はモコモコ。
邦画2作で心配していたAACの低音不足だったが、
今回は豊富なLFEで、たっぷり低音を楽しませてもらった。
ただ引き締りが無く、脹らんだ低音。
高音域はやはりシャリ気味で、線も細いく伸びも足らない。
中音域は低音が被り気味で抜けが悪い。
またエンジン音やタイヤのスリック音などが映像とかみ合っておらず、
迫力どころか、拍子抜けすることもしばしば。
とにかく低音が全体を支配した、モコモコした音響。
サラウンド感はそれなり。
移動音や効果音などシーンに応じたサラウンド。
定位感や広がりなどは感じられないが、
派手めにサラウンドされて、やや煩く感じるくらい。
全体的にメリハリ感が無く、モッサリとした音。

超高級スポーツカーがこの映画の全て。
写真でしか見た事の無いような車が、
走っているだけで満足出来る人向け。
行き当りばったりの展開や、
下手糞なカメラ・編集など、
B級映画と割り切って観ても目に余る。
その代わり、エンツォ、ディアブロ、
SLRマクラーレン、サリーンS7、マセラティMC12などなど、
どれか一台でも気になればw

    



テーマ:WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル:映画

2009.10.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 ら

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販