スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

46億年の恋

今日のレンタルDVDは前衛的?実験的?独創的?
46億年の恋」(初見)
2005年 1:25 6.50Mb/s 384kbps(DD・ST)
サラウンド感:★ 音質:★★

ようワカラン。
あの三池崇史監督作で、キャストも個性派ぞろい。
松田龍平安藤政信窪塚俊介遠藤憲一石橋凌
タイトルも興味をそそられたし、単にラブストーリー系かと思ったが、
いやいや、何だこりゃ。
最低限の映像しか無い、演劇みたいな感じ。
どこかで似たようなものを観た記憶があると思ったらドッグヴィル。
内容はもちろん全く違うが、描き方がそんな感じ。
もしドッグヴィルを観ていなかったら拒絶反応起していたかも。

とにかく独特の雰囲気があり、
最低限のセットしか用意せず、映像が前衛的。
セリフも少なく、ストーリーも曖昧で抽象的。
流れに独特の間を多くおいてあり、淡々と、時には突飛に。
良く言えば不思議。
悪く言えば意味不明。
映画作品と言うよりは、映像作品とか演劇に近い。
ストーリーも同性愛のラブストーリーものかと思ったが(予告はそんな感じだったし)
直接的な描写は無いし、それっぽさも無いが、やや官能的か?
事件の真相を追うサスペンス的なモノも殆ど感じない。
イマイチはっきりとしない、モヤモヤっとしている。
個性的な俳優陣の演技が見所の殆どであって、
特に安藤政信は魅力たっぷり。
ただ逆に思う。
もし無名なキャストだったら、
これ、誰も見向きもしなかったんじゃなかろうか。

映像は厳しい。
元々映像に癖があり、カラーコレクトも極端。
最小限、情報を抑えた画にする為か、暗部はバッサリカット。
殆ど背景が映る事すらない。
フィルムグレインは結構ノイジーでザワツキ、チラツキが目立つ。
白ボケしないだけマシだが、VFXを使ったシーンではややその傾向。
それと何故か額縁表示。
お世辞にも褒められた画質ではないが、
強烈な個性のある映像なので、それほど画質を気にするような事はないだろう。

音質は微妙。
ドルデジの2.0chなので、いつもの擬似サラウンド化。
しかし思った以上に広がりが出てくれて驚いた。
また邦画特有のセリフの聞き取り難さは少なく、
むしろハイ上がりに調整されたセリフはシャリシャリ気味だが、篭り感は無い。
LFEは元より無いので、低域成分をSWに通してあげると意外とどっしりしてくれて、
パンチのある低音が楽しめる(特に冒頭のダンスシーン)
明らかにコンプレッサーをかけたような調整された音で、
ドンシャリシャリのバランスだが、モコモコした音よりはずっとマシ。
擬似サラウンドなので、サラウンド感は少ない。
が、思ったほど音場が狭くならず、
そこそこリアスピーカーも鳴ってくれる。

これを独創的と捉えるか、
意味不明と捉えるか。
好き嫌いよりも、
殆どの人には受け入れられないのは間違いないだろう。
セリフや人物、映像、音楽など、
最小限に留めた作りは映画というよりも、
映像作品、前衛劇に近い。
全体的に抽象的でスッキリしないが、
個性的なキャストの演技はなかなか。
好きな俳優がいれば、観てみても・・・・・。

 




46億年の恋

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2009.10.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 0-9

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。