FC2ブログ

ミラーズ

今日のレンタルDVDはジャック!!後ろっ!後ろっー!www
ミラーズ」(初見)
2008年 1:51 5.80Mb/s 448kbps(DD)
サラウンド感:★★ 音質:★★★

どっから見てもジャックバウアーそのもののキーファー・サザーランドw
キアヌ・リーヴスが全部ネオにしか見えないのと同じ症状だw
あのハイテンションのアレクサンドル・アジャ監督とあって、
少しは期待もしてみたが、、、、

簡単に言えば、
リングor着信アリ + エミリー・ローズ + α(ジャック
ビデオや携帯が鏡に置き換わり、ジャックが謎解きミステリーツアーを敢行。
最後に突き止めた先が呪いだの悪霊だの、そんなん。
後半はジャックよろしくアクション映画さながらの様を呈する。
序盤はそこそこの雰囲気出ていたが、直ぐに失速。
強引なストーリー運び、穴の多い設定などかなり大味で、
そもそも主人公の人物像設定が足を引っ張ってしまい、
情緒不安定なジャックの与太話にしか聞えない。
ただアジャ監督だけあって、グロシーンは結構きつめ。
コケオドシ音も多用されており、ホラー苦手な人には不親切。
それでも見終えた後に「鏡」が怖くなるって事は無い。
全体的に色んな要素を詰め込むだけ詰め込み、あとは投げっ放し。
納得出来るだけの説明はなく、完全に消化不良を起こす。
どうして?何でそうなるの?と疑問は尽きない。
鏡という設定は良かっただけに、勿体無い。

画質はそれなり。
フィルムグレインが強めのフィルムライクな映像。
色合いは緑と青が多めになっており、雰囲気にマッチしている。
解像度感はそこそこだが、フォーカスはかなり甘め。
暗いシーンが多いが、黒潰れは抑えられており見通しは良い。
ただ時折暗部がザワツク事も。
後半の激しいシーンで若干のノイズが目立つ事もあるが、
DVDとしてはこんなものだろう。

音質はそこそこ。
どちらかと言うとDTSっぽいドンシャリ気味。
LFEがずっしりと響き、高音も鋭い。
大げさなBGMや後半のアクション化など、
ホラー作品としてはかなり派手。
コケオドシ音もキレ良く鳴ってくれるので困りものだw
サラウンド感は難アリ。
コケオドシ音など要所でリアスピーカーを鳴らすこともあるが、
それ以外のサラウンドがまるで成されておらず、
廃墟の残響音やハトの鳴き声、水漏れの滴る音など、
包囲感を出すには持って来いの素材がサラウンドされていない。
ほぼ前編を通しフロントに音が集中し勝ち。
定位感も散漫気味で、音場もやや狭い。
単発止まりの派手な音に頼り過ぎで、
全体を通したサウンドメイクはあまり良くない。

どう見てもジャック・バウアーなのはご愛嬌w
ホラーとしてはコケオドシ音とグロに頼り過ぎ、
肝心の鏡に対する恐怖感は薄い。
穴だらけの設定や強引な展開など、
かなり大味で、消化不良。
後半は何故かアクション映画さながらの、
ある意味トンデモ作品。
グロさは結構キツめ、コケオドシ音も多めなので、
苦手な方はご注意を。

    
>>ホラー映画のすゝめ




ミラーズ

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

2009.10.02 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 ま

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販