スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

Perfume

本日のDVDは
Perfume First Tour 『GAME』」ですwww
2008年 1:27 9.44Mb/s リニアPCM
サラウンド感:―     音質:★★★★

期待は外れたけど、予想は上回った出来栄えに満足満足www
もう氏寝るねwww
ついついMCの時には口元がニヤニヤしてしまうしw
気付いたら体が勝手に動いていたしw
曲を一緒に口ずさんでしまってるしw
最後はちょっと感動しちゃってウルッとしちゃいそうだったしw
ダメ人間通り越して灰人になってしまいそうだよwww
やっぱPerfumeイイわwww

まぁ好きなら何も言うことはないけど、そこはオレ。
俺なりに色々と言及していこうかと。
まず前のLiveDVD「FAN SERVICE~BITTER~」から比べて、
Perfume自身、大分成長したなぁと(色々な意味で)
なんつーか、前作の時はみんないっぱいいっぱいな感じがしたけど、
今回は余裕さえ見て取れる。
慣れなのか、それとも・・・・・は、分からないけど。
もちろんその余裕が悪い事ではなくって、
Liveとしてのキチンとしたショーを魅せている。
その場の勢いだけじゃなく、プロ意識つーのかな?
一つ一つそれぞれが完成された作品になってるつーか。
だからね、何か凄くカッコイイんですわ。
そう、前作の時はカワイかったんですwめちゃくちゃw
でもそれが無くなって、、、ってのはアレかもしれないけど、
カッコイイ。って。

あとね、表情。
前作の時にはカシユカは終始、ニコニコ笑ってたんですわ。
ノッチは常に一生懸命な本気モード。
それがなんか微笑ましいと言うか、睦まじいと言うか。
でも今回は表情までも作られてました(プロっぽい感じに)
それが良いことなのか悪いことなのか分からないけど、
ちょっと距離を感じたのも事実。
分かり易く言えば、以前はどちらかと言うと友達感覚に近かった。
でも今回は明らかにイチファン(客?)として扱われている様に感じた。
まぁそれでもファンを凄く大事にしていのは伝わってきたけど。
で、ア~チャンは相変わらずでしたwww

次に画質および音質。
まず画質なんですが、平均ビットレート9.44Mb/sと尋常じゃない高さです。
しかもほぼ一直線の固定レート。
リアルタイムで観ていても8Mbをキープ。殆どそれを下回りません。
普通ね、曲と曲の間とか照明落とすじゃん?
そのシーンは画面上はほぼ真っ暗な状態。
他のDVDとかそう言ったシーンは大抵レートがガクンと下がります。
下手すりゃ1Mbを下回ったりとか。
でもね、このDVD、そんなシーンでも7Mbを下回らないんですわ。
いや、マジすげっ。
そんなワケで、超高画質ですwwww
前作の比じゃない所か、DVDの中でもトップクラス。いや、頂点かも?!
一青窈の「てとしゃん」が高画質だったけど、それよりもこっちの方が良いね。
てとしゃんはハイビジョン撮影だったらしいんだけど、
逆に元が良すぎてエッジがきつめだったんですわ。
それに比べこれは輪郭はしっかりしているけど、エッジはきつくない。
ちょっとしたHD画質のような感覚にさえ陥ります。
つか、少なくとも地デジより綺麗ですwww(解像度の違いを考慮しても)
いや~、嬉ビックリですw
ただ、
一部、謎なノイズみたいなのが入ってます。
エラーノイズ?↓コレ何?
これ何?1
これが何ヶ所かにありました。
あと気にならないレベルだと思うけど、ドット欠けみたいな飛びノイズもチラッとあった。
こっちはもしかするとステージの照明か装飾品の何かかもしれないけど。
画質が綺麗な分、こう言った部分が目に付きやすいと言う難点もあったり・・・
もちろん高画質と言ってもSD解像度だし、レートの上限もあるMPEG-2ですので、
引きのシーンで後ろのデカモニターに被るとDVD特有のノイズが発生するとかしてます。
それにしたって高画質ですわ。

音質もかなり高音質でした。
前作はちょっと、、、と言うかかなり酷かったからね。
低音スカスカのくせにボーカルも埋れて聞こえない。
全体的にくぐもっててパッとしなかった。
でも今回は違います。
逆に他のLiveDVDと比べても高音質な部類に入ると思います。
低音から高音までしっかりバランス良く(←ここ大事)のびてますし、
ライブならではのホール感がまた憎いほど丁度良い。
かと言ってボーカルがボケたりも全くしてない。
マジ聴いていて心地よい。つーか、会場に本当にいるかのように錯覚する。
ちなみにリニアPCMの2chですが、AVアンプの方で擬似サラウンドさせて聴きました。
ドルビープロロジックII or NEO:6
PLⅡの方は会場の中央あたりのVIP席で聴いている感覚。
ホールの響きや広さを体感出来つつ、前方にステージと客席がある感じ。
NEO6の方は最前列で聴いている感覚。
音と声が一直線に伝わってくる、会場スピーカーを通さない素の音に近い感じ。
うん、どっちも甲乙つけ難い。つーか、気分によって楽しめそうwww
もちろんライブだから若干SWのレベルを上げてやるとGood。
ただ、楽曲によって少々だけど音質にバラツキがありました。
基本的には音が良い曲ばかりですが、数曲ちょっとくぐもって聴こえた。
逆にポリリズムは恐ろしく音が良かったwww
なんつーか、下手なハリウッド映画の音よりも迫力ある感じwww
ぶっちゃけCDよか音が良いって思える。

つーワケで、Perfume最高でしたっwww
多分しばらくは繰り返し観る事だろうと思いますね。
前回のも月1か月2は必ず観ているし。
これで当分は幸せな気分が続くと思いますw





で、予告ですが、Perfumeで盛り上っていてアレなんだけど、
いらぬ(?)Blu-rayをしこたま買い漁った結果でDVDはお休みしてBlu-rayばかりになるかも。
いや、それでもPerfumeは観るけどwww

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

2008.10.15 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 他

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。