スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

ファニーゲーム U.S.A.

今日のレンタルDVDは理不尽は不愉快
ファニーゲーム U.S.A.」(初見)
2007年 1:51 6.70Mb/s 448kbps(DD)
サラウンド感:★  音質:★★

何故か一部で評価され続けているファニーゲーム。
同監督によるセリフリメイク作品だが、オリジナル版は観たこと無い。
勘違いして欲しくないのが、
とにかく気分の悪くなる映画なのでお勧め出来ないのはもちろん、
観るなと言われて観たくなるような、
そんな興味本位で観てみようと思う事はしないで欲しい。
映画として問題作品だし、何かにつけて評論されたりするかもしれないが、
間違いなく観終えた後には不快感と後悔しか残らない
どんな言葉や文章で興味を駆り立てられようと信じちゃダメです。
もちろん今この文章すらも信じちゃダメですw
ぶっちゃけ、どうでもいいやw

正直、あまり語りたくない映画だ。
集中が途切れるほどの長回しシーンや無意味な引っ張り、
全く噛み合わない会話、一貫性の無い言動や行動、不快なパンク音楽等々、
とにかく終始イライラさせられる。
挙句の果てにはカメラに向って語りかけてくる始末。
また自身を否定する演出もあったりと、
映画作品として疑問を感じざるを得ない。
以前、不快な映画としてアレックスがあったが、
それよりもあざといやり口。
あちらは目を背ければ済む事だが、
こちらは理解しようとしながら観なければならず、
それを理解することすら不快に繋がる。
全ては製作者の意図した事。
ぶっちゃけ、悔しいんですわ。
考えさせられた事や、一部の評価に釣られて真っ向から観てしまった事、
不愉快にさせられた事、今こうしてこの映画について語る事、
それよりも観てしまった事自体が悔しい。
後には悔しさしか残らないから後悔。
もうどうでもいいやw
とりあえずナオミ・ワッツやティム・ロスが好演しているが、
そんな誘い文句も信じちゃダメですw

画質はそれなり。
昨今のDVDとしてはやや解像度感は物足りないものの、
視聴の妨げになるようなノイズも殆ど無く、不満はそれほど感じない。
全体的に彩度が低く、白レベルも低いくすみ気味の画調。
ただ黒が潰れており、中盤以降の夜のシーンや屋内シーンでは、
見通しの悪い、大変観辛い映像が続く事もある。

音質は薄っぺら。
殆ど(と言うか皆無?)LFEが入っておらず、スカスカ。
高音はあまり伸びず頭打ちを感じる。
中音域も薄く隙間を多く感じる。
時折妙に音が篭ったり、反響したりと音場がばらつく。
どうも音質云々よりも音響自体の作りが良くない気がする。
それでも音場が狭かったり、不明瞭で篭ったような音ではなく、
不満と言う不満はあまり感じないだろう。
サラウンド感は殆ど無い。
冒頭のBGMで一応サラウンドされているのだが、
前後で同じ音が流れるだけのサラウンドと呼べるようなものではない。
それ以降は全くと言って良いほどサラウンドされていない。

とにかく、理不尽で不条理。
不愉快で最悪の気分にさせられる。
間延びしたシーンが多くあり、
体感時間が長く、それだけ苦痛も長く続く。
直接的な暴力描写は一切無く、
一貫性の無い会話や行動、動機や状況、展開など、
全てが観る者まかせ。
そしてその全てがイライラ感に結び付く。
後味の悪さや不快感など、溜まりに溜まったその正体は、
まさに<”ストレス”そのものだ。
間違っても興味本位で観たりしないで下さい。
しかも散々持ち上げ(?)て罵ったが、
実は大した内容じゃないから尚更不愉快だw

    




ファニーゲーム U.S.A.

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2009.09.28 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。