FC2ブログ

(BD)ワイルド・スピード×2

本日のBlu-rayはMAXそっくりな・・・?!
ワイルド・スピード×2」de盤
2003年 1:48 ??~??Mb/s(VC-1) DTS-HD
サラウンド感:★★★★ 音質:★★★★(DTS-HD ???Mbps) 画質:8-

先日に引き続き、×2。
今回も手抜き(?)の感想ですいませんw
こちらもDVDとの画質比較やら何やらがメインになります。

さて、画質ですが基本すこぶる綺麗。
色鮮やかなチューニングカーはもちろん、
時折息を呑むような高精細・高解像度の画が垣間見れたりと、
1作目よりも明らかに画質の向上が見られる。
が、やはり1作目同様にフィルムグレインが暴れだしノイジーに感じる事もしばしば。
画質にバラツキが非常に多く、何とも勿体無い。
若干ツルテカ気味だった1作目とはうって変わって、
質感が良く出ており、人物や建物、路面などに立体感を感じられる。
輪郭は基本はシャープだが、たまに甘くなる。
今作は明るいシーンが多いので、白ピークやハイライト部の表現を試されるが、
白飛びやカラーバンディングなどは気にならず、かなり眩く鮮やか。
暗部の潰れも情報量こそ多くないものの、観難い様な事はない。
前作同様、色にじみや色潰れがなく発色は鮮やかそのもので、
車のカラーはもちろん、ボディに映り込む物影などもハッキリ見える。

DVD BD
 DVD                              Blu-ray
どちらかと言うとDVDの画質はあまり良くない部類なので、
かなり解像度感の差を感じられる。
また車のボディやフロントガラスに映り込む風景など、
DVDと比べるとハッキリとその違いが分る。
汚れ(ノイズ)のない、まさに艶々のピッカピカだw

音質はそれなり。
各車種ごとにエンジン音が異なり、音数が多く聞えるBDでは、
その聞き分けが容易になった。
「あ、こんな乾いたエンジン音なんだ」とか「回転数の上がり方ハンパねぇー」とか、
今まで感じ難かった部分を多く感じる事が出来る。
低音もかなり低い所まで沈み込み、腹に響く低音が心地良い。
高音はあまり痛くは無く、減衰が早めで響きや伸びは薄い。
1作目と比べると大人しい印象だが、MAXのような自然さもなく、
何と言うか、音が硬いイメージ。ややシャリ気味か?
全体的に低音よりのバランスだが、脹らんだ豊かな低音と言った感じではなく、
太く厚みのある重い低音といった印象。
サラウンド感もそれなり。
1作目のような特別なサウンドメイクがされている事も無く、
無難なアクション映画のようなサラウンド。
その殆どが車の移動音ばかりだが、縦横無尽に音が行き交う。
銃声のように線が細く素早くないので、
音の定位や繋がりをそれなりに感じられる。
1作目と比べるとやや物足りなさを感じるものの、
アクションらしい派手な音響は健在なので、大きな不満は感じないだろう。

    



テーマ:Blu-ray Disc - ジャンル:映画

2009.09.24 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 わ

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販