FC2ブログ

フリージア

今日のレンタルDVDは「敵討ち法」
フリージア」(初見)
2006年 1:44 6.39Mb/s 448kbps(DD・ST)
サラウンド感:★★★  音質:★★

「敵討ち法」とは殺人事件などの被害者遺族が、
実行犯に対して敵討ちができるという法律。
特殊な法律が存在するという現実的離れした設定は、
「BR法」のバトル・ロワイアルを彷彿とさせますが、
その実、世界観や設定の整合性などがいい加減過ぎる。
ザルです。ザル。

例によってコミックによる原作は未見ですが、
「敵討ち法」なんて現実的離れした設定ならば、
どんなに無茶な話でも、気にならなくしてしまうほどの世界観。
それが最も必要なハズなのに、その辺りが適当過ぎてガッカリ。
法とかどうでもよくって、ただの殺人ゲームと化している。
村落を封鎖して行うリアル鬼ごっこばりの殺人ゲームも、
何故か始まれば舞台は雑木林。
どこに拘り、何を魅せたいのか良くわからない。
魅力的な部分も多少ある筈なのだが、
中途半端さのせいでつまらなく感じてしまう。
ガンアクションについては、それなりに形になっており、
ハンパな内容に唯一刺激を与えてくれる要素だろうか。
邦画独特の間延びが多いせいもあったり、
中途半端に広げ過ぎてしまった風呂敷のせいもあったりで、
物語は後半へ進むにつれて、どんどん退屈さが増してしまう。

画質はすこぶる悪すぎ。
この手の邦画にしては珍しく画面サイズがシネスコ。
いつもの邦画画質で、白ボケ・黒浮き。
特に黒浮きは酷く、黒→グレーを通り越して青っぽく浮いてしまっている。
また全体的にくすんだ色合いで、発色の悪さが目立つ。
低コントラストも相成って、セピア調の映像でぶっちゃけ汚い。
ノイズも多めで擬似輪郭も多めに出ている。
映像が沈み過ぎてとにかく観辛い。

音質も良くは無い。
ドルデジの2.0chでも、レートは高目とあって悪くない。
極端にセリフが聞き取り難い部分を除けば・・・だがw
音質・ボリュームバランス・マスタリング・発音、、、
諸々の理由なのか、字幕が欲しくなるほど聞き取り難い日本語w
低音や高音はそれなりに入っているが、目立つような事も無い。
音の輪郭が大雑把だけど、
むしろそれが効果音のショボさをカバーしている。
サラウンド感はそれなり。
擬似サラウンドさせたら適度の音が散らばり、
移動音や効果音などリアスピーカーからも音が聞こえる。
流石に明瞭さはないものの、包囲感としては十分。

現実的離れした設定を活かすだけの世界観は無く、
たんなるサバイバル殺人ゲームごっこ。
キャラクターの掘り下げも甘く、
感情移入と言ったものは非常に薄い。
どこかしこに中途半端さを感じてしまい、
邦画独特の間延びもあって、
物語が進むにつれて退屈さが増してしまう。
原作ファンは置いておいても、
キャスト(玉山鉄二西島秀俊つぐみ)目的以外はお勧め出来ない。

    




フリージア

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

2009.09.07 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販