FC2ブログ

RCAケーブルで音が変わる?:その1

先日、RCAケーブルをオーディオクエストのALFA-SNAKEに変えましたが、
それなりに納得のゆく結果だったのですが、
やはり不満が無かったワケでもありませんでした。
せっかくのロスレス環境を本来の形で楽しめているのだろうか。
少しでも気になる部分があると、どうしても追求せずにはいられない性質でして、

はい、実際にケーブルの聞き比べをしてみましたw

LX71(2chアウト)→MSU-095WEPS7400/SP(CDイン)
LX71(7.1chアウト/フロントch)→ALFA-SNAKEPS7400/SP(7.1chダイレクトイン)

上記の2種類を同時にアンプ側にK701を直挿しにて、交互に切り替えながら聞き比べ。
ちなみにLX71側ではアナログマルチ出力よりも、
2chステレオ出力の方が別回路なので音が良いとされています。
PS7400/SP側ではCDインよりも、
ダイレクトインの方が不要な回路を通さないので、音が良いとされています。
なので条件は一致していないので、正確性には欠ける可能性があります。


まず興味本位程度に、
sin波を収録したCDを使い、それぞれの周波数により音が変わるのか(聞え方に違いがあるか)
聞き比べてみましたが、案の定違いは分らず。
むしろこれで違いがある方が問題ですけどねw
ケーブルの違いで周波数帯域特性が変わるなんてあってはならない事でしょうしw

では改めて。
いつも聞き比べ用にまとめたCDがあるのですが、
それを使い、繰り返し繰り返し聞き比べをしました。
最初は全くと言って良いほど違いが分りませんでした。
もっとバランス(高音が出る・出ない、低音が出る・出ない)の差が感じられるかと思ったのですが、
実際には違いと言う違いは感じられませんでした。
正直、聴き比べをし、その差異を見つけ出すには自信があったのですが、
これは非常に厳しい結果になりそうだ。。。
そう思い、とりあえず1曲づつ丁寧に何度も何度も聞き込みながら比べました。
結果、ようやく違いらしきものを感じられるように。
楽曲によっては差を感じ易いものと、そうでないものがありましたが、
(わかり易いようにALFA-SNAKE→MSU-095WEの差を表現しますが、
 ALFA-SNAKEが劣るだけなのか、MSU-095WEが優れるだけなのかは分りません)
まずピアノ。
MSU-095WEの方が音の立ち上がりが素早く、音にキレがある。
また余計な付加音がなく、音の輪郭や余韻が感じ易く、これが響きに繋がっている。
ブラス。
これが一番違いらしきものがわかり易かった。
明らかにMSU-095WEの音が鮮やかで明るい。テンションが高い。
決してALFA-SNAKEが暗いと言うイメージではないのですが、
比べるとそう感じるので、どうもMSU-095WEの色付けのようだ。
ただどちらが高音が出ているとか、全く差が感じられないのだが、
このテンションの高さ、明るさのお陰で高音域が出ているように感じる気がする。
ストリングス。
これは正直違いが分らなかった。
何となく違いがあるような気もするが、言葉に出来るほどの差は見つけられなかった。
オーケストラ(ティンパニやシンバル等)
これも微妙。
あえて表現すれば緊張感?みたいなものが違うような。
また全体に抑揚感があり、一体感みたいなものも違うよな。
音の立ち上がりが良いからそう感じるのか、正直良くわらか無いが。
ギター。
これは全く持って分らない。
ドラムス。
ハイハットなどの金物は違いが分らず。
ただバスドラに若干の違いが。
MSU-095WEの方が音が軽いが、深さを感じる。
逆にALFA-SNAKEの方が量感を感じるものの、やや沈み込みが浅い。
オーディオ的な表現を使うとすれば、
MSU-095WEはタイトに引き締った低音で、
ALFA-SNAKEはやや低音がふくらみ気味。
打ち込み音。
意外にも打ち込み音の方が違いが分り易いのかも。
やはり音の明るさと言うか、テンションの高さが感じられる。
若干だがMSU-095WEは全体的に音が細く感じる傾向にあるが、
かえってそれが個々の音を分離させて一つ一つの音が聞こえ易い。
音と音に隙間が広く感じられるのだが、その隙間に上手い具合に響きが加味されており、
決して音がスカスカになったり、散漫気味になったりしていない。
ボーカル(主にしばじゅんw)
これもやはり音の明るさのお陰で、声のキャラクターが若干違う。
MSU-095WEの方が若くてエロい。
ALFA-SNAKEは落ち着き気味でしっとりしとしいる。
6N14GとHCR-ACFの差に近い感覚はあるが、そこまで極端な差は感じられない。
ほんのちょっとした味付けの雰囲気程度。

ただ、やはり違いと言う違いはとにかく微少なもので、
もしブラインドテストをやれば、正直、当てる自信が全くありません。
無理矢理違いを見出そうと聞いているし、どれもそう感じる~程度の違いでしかない。
プラセボと言われたらそれまで。
それくら非常に違いが分り難かった。


さて、ここでもうひとつ。
別の方法でも聴き比べをしてみました。
実はPS7400/SPへヘッドフォン直挿しの場合、
入力ファンクションにてラインを切り替えていた訳ですが、
その時に必ず一瞬音が途切れます。
内部の回路で切り替えをおこなっている訳ですから、当たり前と言えば当たり前でしょうか。
そこでヘッドフォンアンプを使って聴き比べをしてみました。
使用したヘッドフォンアンプはHD53ver.8で、
PS7400/SPを経由して繋がれています。
しかし入力は2系統でもライン出力は1箇所だけなので、
ラインのファンクションを切り替えをおこなっても音が全く途切れません。
要は曲を流しながら切り替えても途切れない、切り替えが気付かないのです。
一瞬でも音が途切れるような事がない、脳による記憶補完が全くない、
その状態でもう一度聴き比べをしてみました。
結果はビックリ。
全く持って違いが分らない。
曲を聴きながら何度も切り替えてみたのですが、
音が変わるどころか、切り替わった事すら気付かない。
いくら聴いても差や違いが全く分らない。
正直、これには驚きました。


結論:RCAケーブルによる音質の違いはナシ。

言い訳をさせてもらえば、
最初に説明したように条件下が違いますので、正確性に欠けるし、
ヘッドフォンアンプを経由するなど、果たしてそれが正しく聞き比べ出来るのか分らない。
また今回はK701と言うヘッドフォンを使いましたが、
このヘッドフォン、確かに解像度はそれなりい高いですし、色付けも少ない。
しかしモニターとしては役不足(リスニング用途にチューンされてますし)
ましてやオープン型。
そんな諸々の違いがありますので、決して正しい聞き比べだったとは言えません。
が、しかし、問題はそこではなく、
ちょっとした入力ラインの違い程度で音質の差が分らなくなってしまう程度の差でしかない。
っということです。
1m2千円のRCAケーブルと1万円のケーブル。
世の中には1m5万円とか10万円もするRCAケーブルだって存在します。
果たしてそれだけの効果が期待できるのだろうか。
もしかしたら差や違いはあるのかもしれないが、
それよりも千円のスピーカーケーブルを2千円のケーブルに変えた方が遥かに効果は大きい。
もっと言ってしまえば、
スピーカーのセッティングひとつで、その差以上の音の変化を感じるとる事が出来る。
遥かに他の影響の方が大きく、
RCAケーブルによる音質変化はそれほど神経質になるようなものではないのではなかろうか。
以前やったスピーカーケーブルの聞き比べはもっと分り易い違いが感じられたが、
今回のRCAケーブルはそれこそプラセボ効果を否定できない。
もしかしたら先日のアナログマルチにてケーブル交換の印象も、
意外とプラセボ効果があったのかもしれませんね。。。

同一条件下による正確な聞き比べをすれば、
もっと違いを見出せたのかもしれませんが、思ったほどの差はないのかも。
もちろん良質なRCAケーブルを使うに越した事は無いだろうし、
それによる音質向上も、全体的に他も良ければ底上げにもなるだろう。
ただ気に留める割合と言うか、
金額的にはそれほど効果が期待出来るものでもないのかもしれない。

っということを踏まえつつ、今度はスピーカーを通して再度聞き比べをしようと思いますw
結果はもしかしたら変わらないのかもしれないが、
やはり自分に納得させる上でも、スピーカーでジックリ聞き比べしようと思います。

 ※現在ALFA-SNAKEは使用しておらず、余らせています。
   どなたかにお譲りしたいと思いますので、もしご希望があればご一報下さい。


     



テーマ:ホームシアター - ジャンル:映画

2009.07.20 | Comments(0) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販