FC2ブログ

我が家の環境:その壱

特に深い意味はありませんw
ただ何となくの気まぐれですw
決してブログネタに困った訳ではありません(><;)

0052.jpg 0054.jpg
 通常                             スクリーンあり

スピーカー後ろの壁にあるテープマーキングはPJ投射の中心位置の目印です。
ツィーターの関係上、センターSPは若干中心より右に寄っています。
黒壁+ピアノブラックSPなのでデジカメ撮影しても光の量が足りてませんw
センターSPのスタンドはKRYNA-PRO MGT-50S
スパイク受けがKRYNA-PRO M1
その下にAIRBOWの人口大理石ボード
ちなみにMGT-50Sは通常ペア販売しているのですが、
逸品館さまに無理言ってバラ売りして頂きましたw
スタンドの天板とIMAGE11/KAIを横置きしたサイズがほぼピッタリでかなり気に入ってますw
また音も透明度がぐっと増し、
小型ブックシェルフ型ながら予想以上の低音のスケール感が増す印象で、
個人的に最強スタンドの一つだと思ってますw
縦置きと横置きの違いですが、
縦置きの方がスピーカー本来の切れ味があり、響き・広がりに優れます。
横置きの場合、天板との設置面積が多くなるからなのか、
響きが抑えられ中~低音の明瞭度が増し、密度感も感じられるように。
ただそう極端な違いがある訳でも無いので、映画を観るなら後者の方が向いているのかな。
センターのみサランネット着用しているのは、フロントと高さが違うので指向性を緩める為です。
フロントSPのスパイク受けはACOUSTIC-REVIVE SPU-8
低音の重みが増し、音が引き締りクリアに。
なおかつシッカリと響きも残す、お気に入りのアクセの一つです。
スパイク受けの下のボードはやはり人口大理石ボード。
SWもボードは一緒ですが、その更に下にハネナイトシートを敷いています。

0053.jpg 0055.jpg
今度は角度を付けて撮影

こうして見ると、フロントSPがかなり内振りになっているのが良く分る。
同心円状に・・・・なるべく近付いているような、いないようなw
極端な内振りにする事により、音の密度感や存在感、定位感が増します。
また微調整をする事により奥行き感も出てくるようになりますし、
左右への広がりも問題ありません。
短所としてはツィーターで結ぶ対角線が視聴位置の直ぐ前になる為、
音の指向性がやや緩くなり、ステレオ感が薄れる事でしょうか。
話は逸れますが、スクリーンありなし画像でフロントSPのケーブルが変わってますw
赤いケーブルは6N14Gで、黒いケーブルがHCR-ACF/EVOです。
ジョイント部のSINはスピーカーの陰に隠れて見えてません。
両者のケーブルはそれぞれ特徴的なので、
気分や聴く音楽によってその都度変えて遊んでます。

0056.jpg 0057.jpg
照明点き                           照明消し

流石にシアターモデルのプロジェクターなので、照明が点いた状態では厳しいです。
ネットサーフィン程度でしたら十分問題ないですが。
照明消し後は流石に黒壁なだけあって、迷光もほぼ抑えられて画面の没入感は最高ですw
が、スクリーンの直前にあるセンターSPの天板が若干光を反射してしまう。
天板には一応薄くて真っ黒な不織布を被せて(乗せて?)緩和させています。

0058.jpg 0059.jpg
トランスフォーマー/リベンジ!!  ・・・・を早く自室で観たい!ww

シネスコサイズの映像もPJの映像ポジション機能により最適な視聴を可能に!ww
これで上下黒帯が気にならない。何気にこの機能は重宝してます。


今回はこのくらいで勘弁w
基本的にフロント側は音の濁りや反射を出さない為にサッパリさせてます。
機器類は視聴位置の右手にあります。
その為、ケーブルの必要尺が長くなる欠点も・・・・
(本当ならSINのみ1.5mづつとかやりたいけど、左右合わせて10m必要になりますからね)
次回がもしあるならば(多分ありそうな、なさそうな・・・w)
機器類側とか背面側のPJ、リアSPとか、左側面のDVDラックとか、
大したものではありませんが、お見せ出来ればと思います。


      



テーマ:ホームシアター - ジャンル:映画

2009.07.14 | Comments(0) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販