FC2ブログ

崖の上のポニョ

今日のDVDは話題作
崖の上のポニョ」  
2008年 1:41 8.95Mb/s 754kbps(DTS-ES)
サラウンド感:★★★★ 音質:★★★★

言わずと知れた宮崎駿の最新作、全編手描きによる温かみのある映像。
お話も純粋で、心癒されるポニョなど、童話のようなファンタジー世界。

ジブリの黒歴史とも言われるゲド戦記から一転、
原作・脚本・監督が宮崎駿の純正ジブリ作品。
これは期待せずにいられなかったが、
蓋を開けてみると意外にあっさりとした内容だった。。。
101分とジブリ作品でも比較的短い事もあるのだが、
それにしてもストーリー展開の起伏が浅く、
気付いたらポニョが人間になっていたw
とにかく単純極まりないお話でビックリした。
正直、これは大人が観る作品ではない。
完全に子供の為に作られた絵本や童話のようなお話。
心をカラッポにして観ろと言われても無理無理w
疲れきった時代に心癒される作品なのかもしれないが、
私は連日連夜のホラー三昧の方がよっぽどストレス発散出来てしまう性質なのでw
一切の刺激を排除した、純粋さ、素直さの詰まった童心にだけ響く作品。
ハッキリ言って過去のジブリ作品とは決別した、宮崎駿の新境地ではないでしょうか。
映像も手描きによる懐かしさを感じる動きと、
それに合わせたパステル調の色彩など過去のジブリ作品と一線を画す。
また相変わらずの素人声優は物語同様、起伏の欠片すらありませんでしたw

画質について。
DVDにしては上々ではないでしょうか。
動きのあるシーンでもそこそこ見られる程度のペグノイズなので、
大きく物語を邪魔するようなものは感じられない。
精細感度もDVDにしては問題ないレベルだし、
手描きならではの良さは十二分に感じられる。
また昨今のデジタルアニメのようなRGB色のキツイ色彩ではなく、
パステル調の色彩なので色ノイズも目立ち難く、鮮やかと言うより綺麗系。
それでもBD化になれば豹変しそうなシーンも多くあり、
DVDでの不満はPHLによるBlu-rayで解消出来るだろう。

音質は良好。
DTSらしいクリアで見通しの良い音場が広がる。
高音から低音までワイドレンジ。
特に低音の量感はたっぷりあり、そこそこ沈み込む低音が楽しめる。
それなりに迫力のある音響で、音に関しては聞き応えある。
また何でこんなに音楽ばっかり流してるんだ?って思うくらい、
BGMがとにかく目立つ。
それをどうこう言うつもりは無いが、
個人的にはBGMが大げさで自己主張し過ぎのように感じた。
サラウンド感もそこそこ。
効果音や移動音などハッキリと後方からの音が分る。
また壮大なBGMも広がり感のある音場へ。
物語を邪魔しない程度ながらも、しっかりとサラウンドも感じさせてくれる。

毎度期待されている宮崎駿アニメだが、
この作品は全てにおいて過去のどれとも似付かない。
なのでそう言った物を期待していると肩透かし。
単純極まりないお話なので子供向け。
大人は如何に心をカラッポに出来るかどうか。
見たままに感じ、見たままに思う。
純真無垢な心を持ってしないと太刀打ち出来まい。
極論を言ってしまえば、
あの有名な主題歌「ぽ~にょ、ぽにょぽにょ~♪」を自然と口ずさめるかどうか。
これが出来るのならば、
大人だろうが子供だろうが関係なく楽しめる。

    




崖の上のポニョ

テーマ:崖の上のポニョ - ジャンル:映画

2009.07.12 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 他

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販