FC2ブログ

デトロイト・メタル・シティ

今日のレンタルDVDは最高に笑え、最高に面白い
デトロイト・メタル・シティ」(初見)
2008年 1:43 8.17Mb/s 448kbps(DD)
サラウンド感:★★★★ 音質:★★★★

音楽がテーマの映画にハズレ無し。
それがギャグコメディであろうと例外ではない。
ここんとこずっとホラーばかり見ていた反動なのか、
いやぁ~大爆笑させてもらったw
これはとてつもなく面白い映画だ。
沢山笑わせてもらったが、途中幾度か本気で噴出してしまったw

昨今の漫画原作の映画化は良く目にするが、
これほど上手く作り上げた作品は他にないだろう。
もちろん原作漫画は読んでいませんw
むしろこの映画を観た事により原作漫画を読みたくなってしまう、
まさに映画化としては理想の形なのではなかろうか。
コメディ作品は人によってツボが異なり、合う合わないはあるだろう。
しかしこのDMCは馬鹿馬鹿しさも感じつつ、
シュールで勢いに乗った笑いはまさに万人受けするだろう。
何かと話題の松山ケンイチが扮する真逆な二役の変わりっぷりはもちろん、
松雪泰子の異常な壊れっぷりは最高でした。
もうパンツ見えてますしw
また肝心のデスメタルと言う音楽も、
私個人、昔ジャーマンメタルとかスラッシュメタル系を聴いていた事もあり、
かなり迫力ある演奏で、カッコ良く感じた。
まぁ苦手な人でもデーモン小暮くらい知っているだろうから、
そんな感じの人だと思って貰えれば問題ないだろうw

画質はいつもの邦画画質。
白ボケしたソフトフォーカス。
間違いなく意図的で、同ソフト内に収録されていた宣伝CMの方が綺麗だったくらいだw
確かにキチっとした画質の方が見易いだろうとは思うが、
これはこれで漫画のノリ(世界)とも思えるので、嫌な印象ではないかも。
とにかく画質はすこぶる悪く、ディティールのディの字も感じられないw
出来ればBD化した際にはキリっとした画質に直して欲しい。

音質はかなり良好。
元々の音の良さが現れており、特にライブの音響はかなりの迫力が感じられる。
高音域はややフン詰まり感があるが、
LFEはしっかりあるので、ライブハウス独特のゴリゴリとした潰れた低音は楽しめる。
またそれに伴う残響音やライブ感も広がりあり、劇中を大いに盛り上げてくれる。
逆に甘いポップな歌の方は、モノラルチックな音作りになっており、
そのギャップの差も十分堪能出来る。
ただセリフはやはり邦画特有の聞き取り難さがかなりある。
特にライブ中のセリフなどは、周りの音とごっちゃになり非常に分かり難い。
せっかくのキレと勢いのあるギャグの連発なので、
もう少しセリフに対する明瞭度が欲しかった。
BD化するならロスレス音源が非常に楽しみになりそう。
サラウンド感も上々。
日常のシーンではあまりサラウンドされていないが、
ライブシーンになった途端に包み込まれるような、
いや、会場に飲み込まれるような音場が広がる。
本家(?)の音楽DVDとはまた違った、
映画らしい誇張気味だがしっかり包囲感を感じさせるサウンドメイクだ。

この笑いに対し、合う合わないはもちろんあると思うが、
8割くらいの人はこれを面白いと感じ、十分笑いが吹き出るだろうと思う。
とにかく頭ん中カラッポにして、楽しむべし。
勢いあり、青春ドラマあり、お馬鹿あり。
本気で馬鹿をやっているからこそ、面白い。

    




デトロイト・メタル・シティ

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

2009.07.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 た

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販