FC2ブログ

(BD)NEXT -ネクスト-

本日のBlu-rayは
NEXT -ネクスト-」(初見)
2008年 1:35 30~35Mb/s(AVC) リニアPCM5.1ch
サラウンド感:★★★   音質:★★★(DD 448kbps) 画質:7

予定通りのNEXTを視聴。
ニコラス・ケイジ主演のSFアクション?
最近のニコラス主演映画にはあまり魅かれないんだけどw
(ゴーストライダー然り、ナショナル・トレジャー然り)
このNEXTは予告を見て面白そうだったし、設定(現代的なSF)も好みだったので
とりあえずチェキ。

少し先の未来が見えて、その運命を変えていく設定で最も印象深い映画が
バタフライ・エフェクト
やはりそれを若干意識せざるを得ないけど、
NEXTの方は見所となるアクションが多数。
ただ思いのほかアクションシーンは凄いとは思わなかった。
(アクション過食症気味?)
確かに要所要所で激しいアクションやスリリングな展開はあるものの、
どちらかと言うとスローな展開が多く続く。
でもダレてる印象も無かったかな。
1時間半と映画としては短めの部類に入るが、時間を感じるのが遅く感じた。
いや、つまらなかったからじゃないよ?
なんつーかね、時間の流れが独特と言うか。
2分先までしか未来を見る事が出来ないから、
基本的には一つの出来事が2分前後で区切り。
でも何度もその未来をやり直したりするから、実際には2分どころじゃない。
だから観ていると時間感覚が狂わされる。
普段映画を観ていると実時間と共に映画内の時間も自然と分かる(なんとなくだが)
それがNEXTでは当てはまらないから、どこが山場なのか分からないし、
先の展開が読めない。
うん、巧い事してやられたね。
劇中は2分先が読めるのに対し、自分は先の展開が読めない。

でだ、画質についてだが、普通。
レートは常に高い状態が保たれてるから破綻はなかった気がする。
かと言って高画質ってワケでもないかな。
グレインがちょっとキツめで、部分的にノイジーに感じた。
フォーカス感はバッチリなんだが、解像度が足りてない?って思わせる部分も。
特に不満は無いけど、息を呑むほどでもない。
いや、どっちかと言ったら高画質な部類なんだろうけど。
BDだとかHDだとかではなく絶対的な画質に少々不満(元のフィルムソースが原因だろう)
あと一部フィルムの傷が盛大にあった。

音質についてはリニアPCM5.1chを再生出来る環境じゃないし、
第2音声がDD 448kbpsってのが痛いな。
他のBDならTrueHDとかDTS-HDでもコア部の再生が出来、レートもDDやDTSに比べ高い。
だから次世代音声に対応してなくとも、結構その恩恵は受けられてた。
でもDDのみだとやはりドルデジ独特の閉鎖感と言うか、リミッターを感じた。
そもそもだ、TrueHDのコア再生で640kbpsとただのDD 448kbpsでは
越えられない壁のようなものを感じる。
いや、もちろん448kbpsでも十分に高音質なんだが、
結局はDVDと一緒なんだよな。
DD音声としてならかなり高音質な部類。
低音から高音までバランスが良く心地よい。
音に厚みもあり、ずっしりくる感じ。
ムダに低音を強調し過ぎてない所が好印象。
これでもっとレートの高い音声だったら・・・・
そんなワケで断固、リニアPCM5.1ch反対ですw
ロスレスTrueHDとかDTS-HDにすべきだ。
無圧縮はムダに容量食うだけ。

っと気付いたら長文になってしまったよ・・・orz
やっぱり初見映画はどうしても感想が多くなってしまう。
う~む、今後の課題だ。


   




で、そんなワケで次の予定は「バタフライ・エフェクト」www

テーマ:Blu-ray Disc - ジャンル:映画

2008.10.05 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 な

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販