デイ・オブ・ザ・デッド

今日のレンタルDVDはロメロの正統派リメイク?!
デイ・オブ・ザ・デッド」(初見)
2008年 1:25 8.44Mb/s 1509kbps(DTS)
サラウンド感:★★★★ 音質:★★

以前観た「デイ・オブ・ザ・デッド2」とはもちろん繋がりなどの関連性は一切ありません。
85年のロメロ作「死霊のえじき」のリメイク版らしいが、
ぶっちゃけ、酷い。
昨今のリメイクブームにある中、これは無いだろう。
もちろんオリジナル版は観た事ないww

数あるゾンビ映画の中で有名な「死霊のえじき」
それをわざわざリメイクするからには、何かあるのだろう、と。
しかしこのリメイク版は、単なる焼きまわしでしかなかった。
2008年製作のわりに作りが非常にチープ。
特殊効果やVFXのコンポジットはショボイし、見せ場的なシーンはコマ送りw
またカット割りもいい加減でシーンの前後がてんでバラバラ。
いくら低予算映画だからと言ったって、もっとやりようが無かったのか?
本編の2/3はゾンビが出ずっぱりなので、ゾンビ映画としては良くも思えるが、
そのチープなゾンビをそれだけ見せられるのも逆に気分が滅入るw
感染方法もゾンビのくせに空気感染とかwww
(もちろん噛み付かれてもアウト)
でも主人公とかは何故か抵抗を持っている、とかwww
どんだけアバウトやねんw
しかもアウトブレイクするのが全員同時だしw
また街に軍隊がいるのに全く役に立ってないし、
そもそも軍の兵隊がそんなヘッピリ腰に銃を構えるか?普通w
まぁそんな訳で色んなツッコミが出来る、まさにB級ゾンビ映画。
ちなみにこのゾンビは例に洩れず、全力で走ってくるし、飛ぶし、言葉も分るし、銃も扱えますww

画質は悪い。
DVDとしてはレートは非常に高めなのですが、
元々のカメラの質なのでしょうか、
映像にバラつきがあり、それを誤魔化すように所々で映像を弄ってあったりしてます。
全体を通して黄色みかかった色合いに作られているけど、
シーンによっては青白くなったり、急にトーンが飛んだり。
ころころ色彩が変わるので、結構集中の阻害になってしまう。
また解像度感も足りてなかったり、暗部が潰れてしまっているのは、
多分元々なんだろうと思うが、ギリギリ視聴に堪え得る最低限度レベル。
予算の影響なのか、ちょっとした激しいシーンなどはコマ数が足りておず、
非常に観辛い映像になっていたりもする。

音質は良いけど、悪い。
DTSのフルレートと言うこともあり、音質自体は良好。
シーンによってはかなりの低音が出ていたり、セリフの明瞭度も十二分。
音の広がりなども感じられ、音質に対して不満は一切感じなかった。
しかしながら音自体が非常にショボい。
特に銃声がまるでゲームやアニメのような音だったり、
衝撃音やガラスの割れる音、爆破音なども後付だと分る音になってしまい、
映像と音のシンクロが出来ていない。
せっかくの音質も、違和感ありまくりの音のせいで楽しくない。
サラウンド感はかなりある。
やはりホラーと言ったらサラウンド。
ゾンビの気配や足音・奇声など、リアスピーカーの活躍は思った以上にある。
またちょっとした車の移動音などもしっかり繋がっており、
サラウンドに関して不満は感じられなかった。

何をもってゾンビ映画と成すのか、そもそもゾンビ映画って何?
ゾンビが出ていればOK?
ゾンビや感染の定義も曖昧なままで?
こんな疑問を抱くだけ野暮と思えるならどうぞ、この映画はお勧めです。
28週後やバイオハザードなどがゾンビ映画だ!と思う人は観てはいけません。
間違いなく時間(とお金)の無駄です。
グロいシーンもありますが、他のゾンビ映画と比べると結構控えめ。
また全力でゾンビが追いかけてくる割には緊張感や恐怖感は無い。
またゾンビが沢山出てくるし、沢山死にますが、爽快感みたいなものも微妙。

    
>>ホラー映画のすゝめ




デイ・オブ・ザ・デッド

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

2009.06.30 | Comments(2) | Trackback(1) | 映画 た

コメント

こんにちは!

「死霊のえじき」は未見ですが、どうやらまったく別物になってるらしいですよ(笑)

ツッコミどころ満載で、途中までは律儀にツッコミ入れて楽しんでいたんですが、さすがにだんだん疲れてしまいました。画面が観辛かったし。
でも、ベジタリアンゾンビは面白かったです。ここで大笑いできたから、まあ観てよかったかな。

ヒロインは結構可愛かったですね!

2013-08-28 水 11:59:34 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]

>宵乃さん

どもども、これ観ちゃいましたか(^^;


>「死霊のえじき」は未見ですが、どうやらまったく別物になってるらしいですよ(笑)

ま、ホラー映画の続編だのリメイクだのはいつも別物状態ですので気にしたら負けかと。


>ツッコミどころ満載で、途中までは律儀にツッコミ入れて楽しんでいたんですが、さすがにだんだん疲れてしまいました。

この手のゾンビ映画はどうしても暗黙の了解やお決まり事があるので、
そういった物を楽しむべきなんでしょうけど、これは酷すぎましたねぇ(^^;


>でも、ベジタリアンゾンビは面白かったです。ここで大笑いできたから、まあ観てよかったかな。

往年のゾンビ映画って、もうネタ化しちゃってる部分がありますから。
有名人ソックリのオマージュ?ゾンビとか、オカマゾンビとか、入れ歯ゾンビとか・・・
私はそういうのは見飽きてしまいました。

2013-08-28 水 23:20:39 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://marantz.blog36.fc2.com/tb.php/215-2fee4c08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「デイ・オブ・ザ・デッド」観た

原題:DAY OF THE DEAD 製作:アメリカ’08 監督:スティーヴ・マイナー ジャンル:ホラー/アクションコロラド州の田舎町に、検疫隔離演習のため州兵部隊がやって来る。地元出身の兵士

2013.08.28 | 忘却エンドロール

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販