FC2ブログ

トランスフォーマーの画質をチョト考えてみる

前回のトランスフォーマーのBDとDVDの画質比べで一部の画像リンクが間違っていました。
多分画像を見ればすぐに気付かれたと思いますが、
誤解を招くような事があり申し訳ございませんでした。
(つか、誰からも指摘されなかったんで今まで気付きませんでした・・・・)

それとトランスフォーマーの画質の点数を7から8へと変更しました。
他のBDと比べて見た結果、フェイス/オフNEXTよりは綺麗。
イーグル・アイやワールド・オブ・ライズほどではない。
っと感じたので中間の8くらいが妥当かと思います。

ただ、ここ最近どうもBDに見慣れてしまったせいか、
最初の頃に感じた画質への感動が薄れてしまい、
ちょっとやそっとの画質では驚かなくなってきてます。
ましてやDVDで何度も見慣れた映像ならば余計にその傾向が強い気がします。
アイ,ロボットキング・コングトランスフォーマー
いくらSD画質だからと言っても、昨今のDVDでも十分に満足できうる画質だったりするので、
BDへ買い換えてもそれほど大きな感動は無いというか。
逆に新作初見BDだと比較対象が無いので、
見るもの全てが感動してしまうのかもしれません。
ダークナイトレッドクリフ

また何をもって高画質とするのか。
これも個人の好みとか見方、環境によって大きく左右される気がします。
ノイズの無さはもちろんのこと、ハイデフならではの精細感や質感の良さ、
色の鮮やかさから諧調表現、コントラスト感などなど、
何を求め、何に重きを置くのか。
それにフィルムグレインの出し方も人によってはノイジーに感じたりもするだろうし。
もっと言えば製作者の意図した画作り。
いくらハイビットレートでエンコードされても、元々の映像に無い物までは映らないし、
そう見えるように作られている場合もある訳です。
28週後・・・REC/レック

今回のトランスフォーマーがあまり綺麗に感じなかった理由は、
まずDVDとの差が少なく思えた点。
それと他のBDと比べると、やや精細感が乏しく思えるシーンが多かった点。
白のピークは良かったが、黒の沈み込みと黒浮きがアンバランスだった点。
この3つが気になりました。
DVDとの差は前回見比べたとおりで、DVDでも意外と善処していた。
ノイズが無く、発色が良く鮮やかさが目立つくらい。
他のDVD版とBD版の比較で感じたような情報の潰れや色滲みだったり、
フォーカスが甘くベールが2~3枚かかったような画質ではなかった。
例えばBD版トランスフォーマーが10だとすると、
DVD版では6、7くらいあげても良いと思う。
ちなみにフェイス/オフならBDが10だとすると、DVDは1か2くらい。
ダークナイトでもIMAXシーンを抜かしてもDVDでは3~4くらいが妥当。
IMAXも含めるとDVDが1基準で、BDは15とか16くらいになってしまいますがw
次に気になった精細感の欠如。
オートボットなどのCG部(またはCGを含む実写シーン)は非常に高精細で、
ハイデフならではの精細感ある映像を楽しめたのですが、
その他の実写のシーンで、特に人物や衣服等の精細感がイマイチに感じられた。
暗いシーンになればなるほどこの傾向が強かった印象です。
次に黒の沈み込みと黒浮き。
沈み込みと言うか、わざと暗くして黒を潰しているシーンがあるかと思うと、
逆に黒が浮きすぎて青っぽくなってしまったりと、
シーンによって暗部の表現が違って見えた。
特に黒が浮いてしまっているシーンではフィルムグレインがザワ付きノイジーに感じた。
コントラスト感を強めてある画作りなので、
暗いシーンをもう少し頑張って欲しかった気がする。
逆に明るい部分に関しては文句の付けようも無い綺麗さでした。
眩くギラついてすら見える明るさなのに白のピークが飛んでいない。
一画面内でのコントラスト感は画に力を感じさせますね。

以上の理由により、最初に観た時にはトランスフォーマーの画質を良く感じなかった。
今回のトランスフォーマーに限った事ではなく、
他のBDでも大なり小なり同様の不満はあったりする。
ただ今回は期待値があまりに大き過ぎたため、良い部分よりも粗の部分に目がいってしまった。
ようはそういうことです(どういうことですかw)

それにしてもBDへとシフトしてきましたが、
初期の頃の10本とか20本くらいなら、あれが綺麗、これが綺麗とか色々感じましたが、
さすがに60本以上見てくると、正直、どんぐりの背比べのような・・・・。
どれも綺麗っちゃぁ綺麗なんですけどね。
何だか無理矢理順番を決めようとしているような気もしないでもないかも。。。。
かといって全部を一つ一つ血眼になって見比べている訳でもないですし。
殆ど私個人の主観だけの点数のような気もしないでも無い(今更今頃ですがw)



テーマ:Blu-ray Disc - ジャンル:映画

2009.05.25 | Comments(2) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

コメント

私も最近 何が綺麗で何が悪いなど解らなくなって来ました
話題のT-4などはわざとフィルムを古く劣化させ
それにデジタル処理でフィルムグレンの強いザラついた
映像にして時代感を出しているなどと聞くと
単に綺麗とか汚いなど言ってしまうのもおかしな話ですから

旧作のリストアされた作品などしか画質の評価は
むずかしくなって来ました

2009-05-27 水 18:52:00 | URL | サスケ #- [ 編集]

>サスケさん

これは良い時代になったなぁ、と言う嬉しい悲鳴でもあるんですけどね(笑)
旧作もどんどんBD化して欲しいですよ。
タイタニックとかジュラシックパークとかアルマゲドンとかロードオブザリングとか。
HEROやLOVERSあたりもBD映えしそう。

T-4はトランスフォーマーリベンジに食われちゃいそうですね(笑)
リベンジの方は久しぶりに映画館で観たいと思ってますが、
どうせだったらIMAXシアターで観たい気もしないでもなくもない。

2009-05-28 木 20:22:53 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販