スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD) 地球が静止する日

本日のBlu-rayは50年前の化石のようなSF映画のリメイク
地球が静止する日」(初見)
2008年 1:44 ??~??Mb/s(AVC) DTS-HD
サラウンド感:★★★  音質:★★★(DTS-HD 1509kbps) 画質:7

ハプニングに劣るとも優らず・・・・
わざわざ今のご時世に化石のようなSF映画をリメイクする必要があったのだろうか。
VFX技術の進歩により似たようなSF映画は既にインフレ状態。
そこへあえてリメイクと言う形でこれを選ぶセンスの無さ。
製作者の自己陶酔以外の何者でもないだろう。

まず全編に散りばめられたと思わしき謎。
これについて一切の言及無しに勝手に自己解釈して終えてしまう、
観る者をおざなりにした、何とも不快な映画か。
何をやっても許されるSFならばこそ、ある程度納得できる理由や設定が必要な筈。
それを投げっ放しでヒューマンドラマ風に仕立て上げれば感動する?
キアヌ主演でなければこの映画は絶対に見なかっただろう。
大まかなあらすじを言っておこう。
突然宇宙人襲来→地球が死に瀕している→人類滅ぼそう→
宇宙人が一人の女性(親子)と出会う→親子の絆を見せ付けられる→
あ、やっぱ人類にも良い所あるのね→じゃぁ人類滅ぼすのやーめたw
以上。
地球の、人類の危機とだいそれた割には何ともこじんまりとしたローカル的な話だ。
映画のテンポも非常に悪く、盛り上がりに欠ける。
VFXを使った見せ場もタイミングをことごとく外しており、
どんなに凄い映像を見せられても決して記憶に残るシーンになる事はない。
サスペンス的な作りも緊迫感の無さやほんの一部の人間しか活躍しない事もあり、
ハラハラドキドキ感は無く、物語への没頭すら危うい。
これほど平坦で面白味が全く感じられない作品は久しぶりのような気がする。

画質はそこそこ。
フィルムグレインを細かく控えめにしたイーグル・アイっと言った印象。
VFX全開のシーンはそれなりに精細度が感じられ、不満は無い。
発色はやや沈みがちで全体を通して薄暗い。
物語中、何故か雨のシーンが多いのだが、この雨の表現はイマイチに感じた。
雨と人物が同じ位置と言うか。やや立体感に欠ける画。
大きな不満こそ無いものの、目立って綺麗と言った印象も無い。

音質は微妙。
最新のSF映画にしては音が薄っぺらい。
LFEはそこそこの量はあるものの、沈み込みもイマイチ。
意図してなのか妙に古臭いBGMや音なども混じっており、
全体的な音質に厚みが感じられない。
高音はキレのある耳を突くような音もあったりもする。
広がり感はそれなりに感じられ、不満は感じない。
サラウンド感は効果音などを積極的にリアスピーカーを活用するなど、
存在感や包囲感は感じられる。
決して大げさなサラウンドメイクでは無いので、
SF映画として見るとやや味気ないかもしれない。

駄作。
これほどこの一言が合う映画は無いだろう。
全てにおいて時代錯誤で底浅。
テーマ性もありふれ過ぎて風化している。
今だからこそ? なんとも製作側の自己満足映画だこと。
キアヌ・リーヴスじゃなかったら絶対に見ていなかっただろう、
キアヌ・リーヴスの意味が全くなかっただろう映画。
魅せ場のVFXも期待する程でもなく、予告シーンが全て。

    



テーマ:Blu-ray Disc - ジャンル:映画

2009.05.07 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 た

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。