FC2ブログ

DTS と DD の音質の違いって・・・?

前々からずっと思っていました。
DTSDD の音質の違いってどれくらいだろうか・・・?と。
データ上、数値上では倍近く(あるいはそれ以上)違います。
でも実際のところはどうなのか?

ハイ、実際に聞き比べてみました。




DD

DTS

DTS(レベル調整後)


知っている人は知っていると思いますが、
DDとDTSとでは音量(平均レベル)の差が結構あります。
ソースによっても違いますが、大抵4~8dbくらい差が出ます。
なので一応レベル調整後も用意してみました。
上記二つについては、全く手を加えていない素の音です。


で、上記のファイルを聞き比べてもらえれば一目瞭然でしょう。
明らかに違いが出ています。

まず冒頭の汽笛の音。
(アンプの性能上、頭だしがフェードされちゃってますが)
かなりレンジの差が現れています。
歪む事無く音が伸びているので、ただ音量だけが違うだけでなく、
このあたりは迫力の違いにも繋がってくるハズです。

0:12~
再度汽笛のバックで聞こえる海の波の音。
DDでは何かのノイズのようにも聞こえますが、
DTSではハッキリと水飛沫の音と分かります。

0:13~
セリフの部分ですが、
確かにDTSの方は小さくてDDの方が聞き取りやすいです。
レベル調整後ではほぼ同等にしてありますが、
裏を返せばダイナミックレンジの差がそのまま出ている事になりますよね。
場面上は船の上から数十メートル下の人々に声を張上げているシーンです。
まるで室内かのように声がハッキリと聞こえるのではなく、
屋外でしかも船上。
当然周りの騒音の方が大きくなるのも当然です。
セリフの音量を基準にレベル調整すれば、
自然と臨場感も出てくると思います。

0:28~
BGMが盛り上がるトコロですが、
あまり差が無いようにも感じられますが、
体感的な盛り上がり具合が違ってます。
良く聞くとDTSの方が高音が伸びてます。

0:32~
機械音の低音シーンが続きますが、
今回のサンプルを作る上で
DD、DTSそれぞれアンプ側でダウンミックスさせているのですが、
LEF部が上手くミックスされていないのか、
殆ど差が分かりません。
実際の試聴でLEFの違いは分かりやすいです。
DDの方が若干質量があるようにも感じるのですが、
ただ膨らんでいるだけというか。
逆にDTSの場合、タイトと言うか沈み込んだトコロまで響いてきます。
機械の規則的な振動がハッキリと分かります。
DDだと ズドドドド なのですが
DTSだと ズ ド ド ド ド と間隔の山が聞き取れるカンジです。

0:48~
右チャンネルのカモメ(?)の鳴き声ですが、
ココの違いはとても分かりやすいです。
DDだと3回までしか聞こえてきません。
それに比べDTSの方はハッキリと5回まで鳴いているのが分かります。

0:55~
こちらも右チャンネルのウミネコ(?)の鳴き声ですが、
DDよりもDTSの方がハッキリと、鳥の鳴き声だと認識できます。

1:02~
波の水飛沫音ですが、
どうしてもDDでは水らしき音には聞こえ難いです。
DTSならハッキリと水と認識出来ます。



ざっとですが、これだけの違いがありました。
確かに一部で言われているように
DTSよりもDDの方がセリフが聞き取りやすかったり、
音場があるように感じられたりするかもしれません。
が、それはDDがダイナミックレンジを下げて、
聞き取りやすい帯域を上げているだけのような気がします。
TVのスピーカーや小音量での試聴ならば、
間違いなくDDの方が聴きやすいとは思います。
だけどホームシアターを組んでいる部屋や、
ある程度大音量が出せる環境であれば、
間違いなくDTSの方がダイナミックに迫力ある音場だと思います。


結論。
DDとDTS。
ソフトによっては、音声仕様の違いで
別パッケージになっている物も少なくありません。
価格にして1,000円~3,000円くらい差が付けられています。
 (もちろん他の特典ディスクがあったりもしますが)
正直、低価格の方がありがたいです。
違いがあるかどうかも分からない音質の為だけに、
そこまでの金額を出す必要があるのかと。
それでも今回の検証でDTSの方がダイナミックレンジが広く、
小さな音までハッキリと聞こえ、
なお且つ低音もクッキリした音質だと言うことが分かりました。
ココまでハッキリとした違いを知ってしまうと、
折角のホームシアターですし、
少しでも良い音で楽しみたいじゃないですか。
数万円のケーブルやら、インシュレータやらでグレードアップを目指すよりは、
ソース自体の差で数千円の投資をすれば、
確実に音が良くなると分かっているのならば、
間違いなくDTSを選びます。


 ※DDとDTSの違いは環境によっても変わってきます。
  アンプやプレイヤ側でのダウンミックス(コンバート)性能の差。
  または録音環境によっても違いが生じる可能性もありますので、
  全てが同じ結果になるとは限りませんので悪しからず。

テーマ:DVD - ジャンル:映画

2008.10.01 | Comments(0) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販