FC2ブログ

(BD) ウォンテッド

本日のBlu-rayはありえない程にぶっ飛んだ映像世界をアンジーが・・・
ウォンテッド」 (初見)
2008年 1:50 15~30Mb/s(AVC) DTS-HD
サラウンド感:★★★★★ 音質:★★★★(DTS-HD 1509kbps) 画質:7

やや今更感がありますが、それはそれでご愛嬌w
むしろ何故今までスルーしていたのか、完全に私のミスです。
予想を裏切る面白さ。
目まぐるしく展開される物語と映像+アンジェリーナ・ジョリー
何もかもが有り得ないし、真面目に観れば突っ込み所満載なお気楽映画のハズが、
全てをぶっ飛ばす程の勢いがあります。
単純に観て楽しむエンターテイメント作品だが脳への刺激もたっぷりあり、
非常に満足度、充実感のある一本。
今年観た映画の中で今のところダントツで一番のアクション映画です。

さて、あまりこの映画について内容を語る必要は無い気がしますが、
なんと言いますか、裏・表のハッキリした非常に分り易いつくり。
何も考えずに見られるけど、決して楽天的ではない。
ドラマ性と言うと大げさかもしれないが、アクション映画的なドラマ性とでも言えばよいのか、
刺激的な映像を上手く魅せれるだけのストーリーもそこにある。
なのでアクション自体に爽快感と同時にスリル感も持たせているし、
いくら有り得ない映像でも妙な説得力を感じてしまう。
ただ単純な映像美に酔いしれるも良いが、
こう言った引き込まれながらも圧倒されるアクションは観ていて満足する。
肝心のアクション、特に銃撃戦などはスローモーションを多用し、
銃弾をカーブさせたり、弾丸同士が着弾したり、
マトリックスを髣髴とさせるVFXながらも、巧く緩急を付けている。
こう言った系が好きな人ならば間違いなく最高峰の映画だろう。
またカーアクションのぶっ飛び方もずば抜けており、
今の今まで在りそう無かった、その発想にただただ関心するばかり。
このシーンは必見です。
こう言ったぶっ飛んだアクションにアンジェリーナ・ジョリーの存在感はまさに完璧で、
彼女が居るだけで全てのシーンに重みが増すような印象。

画質は良くも悪くも。
まず非常に画が濃い。
鮮やかを通り越して、濃厚な色合い。
これを観た後に他の映画をみると妙に薄ボケて見えるくらい。
やや癖のある画に感じる。
全体的なフォーカスはやや甘めに感じる。
決してボケてはいないのだが、ソフトタッチな映像でそれが一貫している分、不満は少ない。
情報量はそこそこあり、最新のBDに引けは取らないものの、
ソフトフォーカスのお陰で精鋭感はあまり感じられず。
またフィルムグレインが汚い。
ザラついており、グレイン自体に色ノイズが混じってしまい、
映像を汚くしてしまっている。
決して悪くは無いのだが、不満も幾分感じられてしまう画質だ。
これは元々の映像がそうなのか、
それともレートが激しく上下に推移する事が原因なのか。

音質はアクション映画らしいパンチの効いた派手な音。
どの音に対しても厚みがあり、アクションに合わせガツンとくる感じ。
LFEが豊富で心地良い低音が一番の魅力。
また高音域もキレ、広がり共に申し分なく、
全体を通して派手だが、決して煩くなり過ぎない絶妙なバランスがある。
ただ最近のワイドレンジ志向の音とは違い、上下の伸びはイマイチ。
サラウンド感はさすが。
四方八方に飛び回る弾丸、上に下に飛び回る車、
目の回るようなアクションらしいサウンドメイク。
リアスピーカーの存在意義は非常に大きい。
広がりも十二分に感じさせてくれ、まず聞き飽きることは無い。

魅せる映像ならがも、ぐいぐいひっぱる物語の面白さもあり、
非常に観ていて楽しい、満足度の高いアクション映画。
明らかにお気楽系とは一線を画す。
全体的なテンポも非常に良く、抑揚のハッキリした分り易い展開。
またアクションにおける映像美はマトリックスやリベリオンが好きな方に受け合い。
特にカーアクションは想像を越えたぶっ飛び具合。
百聞は一見にしかず。
このぶっ飛んだ映画は実際に観て見るのが一番だ。
とにかく色んな意味でアンジェリーナ・ジョリーの勢いが良く分る映画。

    



テーマ:Blu-ray Disc - ジャンル:映画

2009.04.16 | Comments(2) | Trackback(1) | 映画 あ

コメント

久しぶりに引っ張り出して見たけど
本当にこのBDは音が良いですよね
最近見たタイトルではヘルホーイ2とダークナイトそれに
この作品がやはり素晴らしい
共通しているのは監督が音にこだわりを持っている点かな?
US盤のキングコングも凄かったけど

この作品は間違い無くベストバイの1枚ですよね
アンジー最高 それとカーアクションの新鮮さが素晴らしい
今まで有った様で無かった
映像にしてもカーアクションにしても少し今まで違う感じだが
全て上手くまとまっている 嫌味を感じない
続編決定はうれしい所ですがアンジーが居ないのは寂しいかな

しかし 双子の妹とかの設定は許さない(笑)
それでも良いから出て欲しいですけどね

2009-04-17 金 20:26:49 | URL | サスケ #- [ 編集]

>サスケさん

ホントこれは買って良かったと思いました(今更でしたが・・・)
音は何よりバランスが良いのが好印象でした。
最近の妙に中音域を持ち上げたような音はあまり好きじゃないので。。。
このウォンテッドはどの帯域もフラットに出る感じですよね。
ゴールデンアーミーはメリハリの良さっすかね。
ダークナイトはずば抜け過ぎです(笑)

キングコングは個人的に10本の指に入るくらい好きな作品なので、
私は日本版の発売まで待ちます。
中身はやはりUK版の使いまわしでしょうか。。。
サスケさんのブログにあったUS版の画質、ちょっと気になりますね。
コングの黒ですか~。う~ん。

続編は、、、、微妙ですね。
アンジーあってのウォンテッドって感じですからね。
最近流行で1の前の話~ってのでアンジーメインストーリーの続編を希望っす。

2009-04-18 土 21:48:01 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://marantz.blog36.fc2.com/tb.php/179-ebdee650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映像+ 1 (1)

映像+ 1 (1) 最新の人形アニメーションの制作現場から初心者向け上級者向けのパペットの作り方、小道具、セットの作り方まで大変...

2009.04.28 | もぼなもな書房

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販