FC2ブログ

(BD) アイアンマン

本日のBlu-rayは溜まったBlu-rayの中で2番目に観たいと思っていたw
アイアンマン」 (初見)
2008年 2:06 ??~??Mb/s(AVC) TrueHD
サラウンド感:★★★★ 音質:★★★(TrueHD 640kbps) 画質:7

昨今、アメコミ系のヒーローものが多い気がするが、
例に洩れずアイアンマンもその一つ。
スパイダーマンやハルク、ハンコックといった能力系ではなく、
生身の人間が科学技術によって活躍する系。
バットマンに近いが、技術力から推測するにやや近未来に近い気もする。
そう、どちらかと言えばスパイダーマンに登場するゴブリンやドック・オクに限りなく近い存在。
もちろん悪役ではなくヒーローとしてだが。
他のヒーローモノとちょっと違うのがロボット(パワードスーツ)色だという部分。
ぶっちゃけ、トランスフォーマーを彷彿とさせる。
なので面白くないワケがないww

さて、見た目にやや難があり、ヒーローっぽくないアイアンマン(能面っぽくね?w)
予告やポップにあるようなダサさは観ると意外と感じなくなる。
むしろそれがカッコ良く見えてしまうのはロボット世代だからなのだろうかw
トランスフォーマーの時もそうだったが、とにかくロボットが動く・飛ぶ・戦う。
もうそれだけで満足出来てしまう。
装着シーンの演出は、もうロボット世代や変身物世代にはたまらんでしょうw
”ジー、カシャッ、カシャッ、ジー、カシャッカシャ、シャキーン”みたいなw
肝心のアクションシーンですが、
ストーリー的に誕生部から描かれているので、あまり多くないのは致し方無い。
その分どうやって完成されてゆくのか、その過程がしっかり描かれおり、
見応えは十分にある。
また物語的にも単純なヒーロー像だけでなく、
ちょっとしたロマンスだったり、ちょっとしたスリリングだったり、コメディタッチだったりと、
2時間越えのやや長尺でも飽きが来ない。
やっている事はいかにもアメコミちっくなのだが、
映像(CG)の完成度の高さも相まって、そこそこのリアリティを感じるくらい。
単純に観て楽しめる、けどそれだけじゃない。

画質はやや微妙。
グレインは抑え目ながらもしっかりとのっており、どちらかと言えばフィルムライク。
発色も良く、色鮮やかでコントラスト感もばっちり。
特に昼の明るいシーンではキリッとした映像でいかにもBDと言った印象を受ける。
ただ暗部の表現が酷い。
特に序盤の洞窟のシーンなどはDVD?かと思わせる潰れて汚い暗部になってしまっている。
後半の街中になって持ち直してはいるものの、やはり暗部の表現には問題がある気がする。
また最近の作品と比べるとシャープさに欠ける。
全体を通して情報量の欠落が激しく、
フォーカスも若干甘めな事もあるが、特に背景の情報量が極端に少なく感じる。
昨今の精細感たっぷりの映像や立体感ある映像になれてしまうと、
どうしても物足りなさを感じてしまう。
ただし、何故だかアイアンマンの質感だけは最高に良い。
あの金属らしい質感だったり、独特の艶っぽさだったりが非常に良く表現されており、
CGらしからぬリアリティ感たっぷり。
それに伴う背景との合成にも全くの違和感を感じさせない。
この点においては期待以上の出来栄えと言っていいだろう。

音質もやや微妙か。
とにかく低音が良く出る。
かなり低い所まで出ているし量感もかなりある。
タイトに引き締った低音ではなく結構ブーミー気味に感じる。
その低音のせいなのか、逆に高音の伸びがイマイチ足らない。
基本的に映像の割には音数が少ないので、
無駄に大きな低音が出過ぎると高域が濁ってしまっている。
やや頭打ちの閉鎖感も。
ぶっちゃけ、いつものDVDのドルデジ音質。
決して悪いワケではないのだが、期待するほどでもない。
サラウンド感は意外と自然で好印象。
この手の派手なアクションものだとサウンドメイクも大げさな場合が多かったりする。
それはそれで楽しいのだが、かき回され過ぎて煩く感じる場合も。
このアイアンマンは確かにリアスピーカーも頻繁に活躍するのだが、
強調された感があまりせず自然に鳴っているという印象。
ぐるぐると回るような移動音ではなく、スーッと繋がるような感じ。
包囲感はやや薄い気もするが寂しさは全く感じない。

アメコミ系のヒーローものだが、どちらかと言うとロボット系に近い。
アイアンマンのメカ的なものや装着シーンなど、
もう男性ならワクワクせずにはいられないだろう。
またCG映像のリアルさには驚かされる。
違和感無くここまで表現されているのはさすが。
誕生秘話的な話が多いので、見応えある活躍シーンは少ないのだが、
次回作からはのっけから期待出来そうだ。
ちなみにエンドロール後にも続編を思わせるシーンがあるので気をつけましょう。
単純に観て面白いし、とにかくカッコイイ。
非常に満足度の高い、大人も子供も楽しめる娯楽作品。
やっぱりヒーロー系は理屈抜きで面白い。

    



テーマ:Blu-ray Disc - ジャンル:映画

2009.03.31 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販