FC2ブログ

3月22日 某バンド解散ライブ

まぁ、某とか言ってますが見ての通りですw
「SHAZNA -完結。- LAST LIVE」
SHAZNA
帰り際にケータイで写メしたんですが、もうクタクタでブレまくり勘弁。。。。。


さて、ちょっと意外?かもしれませんし、
は?と思うかもしれませんが、
昔、SHAZNAファンでしたw
当時、インディーズブームの真っ只中でSHAZNAを知り、
まぁデビュー前からの”追っかけ”とでも言いますかw
そんな訳で解散とあっては行かない訳はありません。
昔大好きだったSHAZNAの最後をキッチリと見届けてきました。

まずちょっとだけSHANAとの出会い話を。
当時、高校生だった俺。
(つーか、歳バレますねw)
その頃はアニメや声優にハマっていたんですがww
そっち系の友人Kに誘われ、秋葉原やら池袋やらを色々案内してもらう事になったんですわ。
(地方に住んでるもんで、東京って殆ど行ったこと無かった当時・・・)
もう見る物全てが新鮮で興味深いものばかりだったのですが、
夕方ごろになり、友人が急に渋谷に行こうと言い出し、言われるままに着いて行きました。
渋谷にもそっち系のショップか何かあるのかなぁ?とか思いながらw
で、連れて行かれた場所がShibuya ON AIR EAST(現O-EAST)
何だかその場所の前には変な格好をした人たちもチラホラ。
ん?何これ?
???状態。
で、会場内に入ってようやくライブハウスだと知りました。
後で気付きましたが、友人はチケットを既に2枚持っていて、
初めからライブに来ることが目的だった確信犯だった訳ですw
でまぁ、それがSHAZNAのライブだったんですが、
その時のライブの細かい話は割愛します。
(もう十年以上前の事ですが、今でも結構憶えてたりします)
もちろんインディーズだったSHAZNAを俺が知っている訳でもなく、
曲や演奏がカッコ良かった、てのが第一印象でした。
あ、もちろん当時からああ言った格好をしていましたが、
ヴィジュアル系バンドはエックスやルナシーなど既に居ましたし、
特に違和感は感じませんでした。それが当たり前とすら思ってましたし。
で、ライブ後、友人の勧めで会場販売されていたSHAZNAのCDを1枚買って帰りました。
それ以来、SHAZNAの曲を気に入り、
色々とCDを買ったり、情報を集めたりするようになりました。
ライブがあると言ったら即友人Kとチケットを取ったり(既に友人はファンクラブにすら入っていました)
まぁ、すっかりSHAZNAの追っかけをするようになった訳です。
もちろん後からファンクラブにも入り、ライブやイベントの殆どに足を運びました。
メジャーデビューも決まり、その後も相変わらずライブやイベントに行きまくり。
他にもインディーズバンド自体にもハマり、それらのCDも聴いたりライブにも行ったりしていました。
当時のインディーズ四天王なるものがあって、その一角がSHAZNAだったりしました。
(他、Gackt率いたMALICE MIZER、La'cryma Christi、FANATIC◇CRISIS)
またSHAZNAのギターリストAOIが好きで、
その頃ギターとか買ってSHAZNAのコピーとかしてました。
(弾けずに直ぐ飽きましたがwwww)

まぁそんな高校時代だったんですがww
今でこそPerfumeやらしばじゅんやらを聴きまくってますけど、
間違いなく人生で最も聴いた音楽は今でもSHAZNAだろうね。
とにかくSHAZNA無しには語れない青春?時代でしたwwww

そんなSHAZNA大好きだったんですが、デビュー3年で突然の休止宣言。
ショックとかはあまりありませんでした。
既にブームの終焉していた頃だし、
正直、その頃の楽曲も正直好みではなかったし、
しょうがないのかなぁと。

で、6年。
このブランクは大きかった。
個人的な音楽の趣味とかもちろん変わっていたし、
すっかりSHAZNA自体の曲を聴かなくなってました。
たまぁ~~~~に、HDDを整理中に目に留まった時にチラっと聴く程度w
で、結成10年目を迎えるにあたって、また復活。
その話を聞いて久しぶりにSHAZNA熱が結構戻ってきました。
復活ライブと題打った3DAYライブ、
過去(インディーズ時代)・現在(デビュー後)・未来(復活後の新曲)で
それぞれに合わせた楽曲を披露するライブ。
このライブの過去のインディーズ時代中心のライブに行きました。
インディーズ時代からの追っかけだった俺なので、
基本的にロックなんですよね、SHAZNAと言ったら。
なのでデビュー後よりもインディーズ時代の曲の方が圧倒的に好きだったんで。
6年のブランクも吹き飛ばすようなノリノリのライブでした。
それから復活後のニューシングル、ニューアルバム。
ただ、それが微妙でした。
中身がって言うよりも、個人的な受け止め方がね。
確かに大きく成長を思わせるロックでした。
好みの音楽が既に違っていたってのもあると思うんですが、
でもなんつーか、やっぱり昔みたいな熱くなるようなモノが感じられなかった。
なので、多少は聞き込みましたが直ぐに飽きてしまいました。
その後の活動(ライブ等)には正直、食指も動かず。
たまに情報をチェックする程度。

で、今回の解散、完結ライブ。
もうこれは行くしかない。
最後くらいシッカリと見届けたい。
もうある種、義務のような。

そんな解散ライブだったのですが、
奇しくも会場は私が初めてSHAZNAと出会った場所、Shibuya O-EAST。
解散の心情を表すかのような小雨の降る夜でした。

オールスタンディングのライブなので、整理番号順に入場。
私は比較的先の番号(200番台)だったので、
ステージに近い位置取り。
スタンディングで前から6列目くらい。
ん~、ステージから3mくらいかな?
ただ始まると周りも動き出して自然と前に詰まり、2mくらいまでの距離になりましたがw
でもって、位置的にギターリストAOI寄り。
SHAZNAのライブは必ず向って左にベーシストNIY、中央IZAM、右がAOIの立ち位置だったので、
それを考え、中央とAOIの立つだろう位置(ギタースタンドを目安に)の中間、よりやや右寄りに。
昔もスタンディングのライブでは必ずAOIよりの場所を好んで位置取りしてました。
そんな絶好の場所で(個人的にね)ライブは始まりました。
1曲目にSHAZNAが持ってきたのは彼らの代表曲「Melty Love」
まぁ納得。
その後もファンの事前のアンケートによって選ばれた楽曲。
主にインディーズ時代の人気だったライブ定番の楽曲を中心に、
デビュー後の人気だった曲、復活後の曲もチラホラ。
つかね、途中の記憶が微妙に無くて詳細が書けないwww
久しぶりのスタンディングライブだった事とか、
スピーカーに近かったせいでずっと右の耳が耳鳴りしていた事とか、
懐かしさとか、最後と言うことで感慨深かったりとか、
色々な感情、状況がまざっりあって記憶が曖昧つーか。
良く言えば”夢心地のような状態”だった。
ゴメンナサイ。
ホントは1曲ごとに解説しようかと思ったんですが無理です。
なので記憶に残っている事をいくつか箇条書きにします。

まず音響がちょっとダメダメだった。
(SHAZNAとカンケーねーしwwww)
低音出すぎ。
(O-EASTはいっつもそうだ)
ドラムの音が出すぎて(うるさ過ぎて)ボーカルが聞えない状態。
ギターは結構聞えてたけど、他にコーラス2人も居たけど声が聞えた試しがないw
ベースもドラムに掻き消され気味だった。
バランス悪すぎ。
全体的にも音がかなりデカ過ぎでまるでラウドネスバンドかと思ったくらい。
中盤にも差し掛からない辺りで既に耳鳴りが酷くなってた。
ライブから帰ってきて、寝る時まで耳鳴りが治らなかった。
つか、今でも微妙に右耳に違和感がある状態。
トークも一部で何を言っているのか聞き取れなかったし。。。。

ファンのノリが微妙だった。
まずライブでよくある、あの手を上げてやるヤツ。
あのリズムの取り方と言うか、そのやり方が結構マチマチ。
SHAZNA独特?のやり方とかもあったりするんですが、統一感が薄かった気がする。
あと、演奏後の拍手。
今までのSHAZNAのライブの記憶では拍手はなかったと思う。
もちろんトークとかに対した拍手はあったけど、演奏後に迎える拍手は初めてだった気がする。
今まであったのはキャーとかイザム~とかアオイ~とか、そう言った類の歓声と言うか奇声?w
一応そう言ったのもあったけど、基本的には拍手。

あと空気読めない奇声(歓声?)がやや目立った。
後から知ったが、お酒を飲んで酔っ払った状態の人(ファン??)が発していたみたい。
中盤以降聞えなくなっていたけど、どうやら酔い潰れていたという話らしい。

トークが意外と普通だった。
解散だし、もうちょっと感動的な話とかあるのかなぁとか変な期待してたんですが、
特に感慨深いネタとかがあった訳でもなく。
メンバーお互いの出会った頃の昔話とかしてたけど、ライブで既出なネタだったし。
何だか普通過ぎて最後って感じがしなかった。
メンバーも意外と落ち着いてたし。

定番曲、Shellyを演奏中のシャボン玉の演出があったんだけど、
それが結構多めで頭や顔に当たりまくりだったww

特別な「Melty Love」
アンコールが2度行われたんだけど、
その2度目のアンコール後に披露された2度目のMelty Loveを初めてバラードアレンジ。
しかも個人的に大好きな弦楽器を向かえての本格的なバラード調。
名前は失念しましたが、バイオリン、チェロ、ビオラの4人女性グループ?をバックに、
歌い上げた彼らの代表曲Melty Love。
それだけでも十分満足なのに、ラスト付近でIZAMのマイク無しの生歌声。
上手い下手とかそう言ったものを超えた、”想い”がすっごく伝わってきました。
ちょっとあれにはじーんときましたね。


全体を通して感じたのが、意外と普通だった事。
メンバーもサバサバしてたし、確かに一部のファンは泣いていたけど、
個人的にはあっさりしてたと思う。
最後だからと言って特別な何かはアンコールのMelty Loveくらいで、
他には特にサプライズ的な事は無かったし。
全ての演目が終わっても、何だかこれで終わり?みたいな。
不完全燃焼とかそう言ったものではなくって、
良くも悪くも普通過ぎてこれで最後って感じが実感出来なかった。
あまりにも自然過ぎると言うのかな。
らしいと言えば聞えは良いだろうか。
ただ、これで終わり。
もう二度とSHAZNAのライブを見る事は出来ない。
今回のライブの模様はCS?で放送され、その後DVDでも出るらしい。
けど、生のライブとしてはこれが最後。
う~ん、何だかまだ実感が無い。
終わりかぁ・・・・・

で、最後の最後に。
AOIピック AOIピック
ライブ中のどの辺りか忘れましたが、たぶん後半近くでギターリストAOIが投げたピック。
まさか取れるとは思わなかったけど、
ひらひらと舞うピックを必死に目で追っているとちょうど目の前の人の肩に落ち、
その人ももちろんピックの行方に振り向こうと反応した瞬間。
ホント偶然にも私の手の中に。
つーか、掴もうと伸ばしかけた手でありえないくらいのぴたりとキャッチ。
それはもう手に吸い込まれるように、
まるでピック自ら手の中に(むしろ指に)飛び込んできたような。
いや、これマジで。
ちょっと、、、いや、かなり嬉しかったっすwwwww
多分、俺の知る限り、今回のライブで投げたピックはこれ一つだったと思う。
ベースのNIYの方は位置的に見え難かったので、そっちはどうか分らなかったけど。
もちろんAOI本人がラストライブで実際に使用していた貴重なピックですし、
うん、すっげー良い記念になったw
ちなみにAOIのピックはこれで二つ目ww




今回の解散ライブの模様を収録したDVD。
もちろん買いますんで、
その時にはいつものレビューをしたいと思います。


※追記

今回の解散ライブの曲目リスト(セットリスト)

-OPENING SE-
01. Melty Love
02. LIVING DEAD
03. TOPAZ
-MC-
04. Dreamdrop
05. Love is Alive
06. Dizziness
07. VOICE
08. SWEET HEART MEMORY
-MC-
09. Shelly
10. すみれSeptember Love
11. PIECE OF LOVE
-IZAMくん TIME-
12. FALLING~INST~(AOI)
13. MAGENTA STORY
14. Jelly In The Merry-Go-Round
15. I miss you
16. PEARL
17. Thank you "4" Coming Today
-ENCORE-
18. Rasberry Time
19. das Spiel
20. LOVERS (メンバー紹介)
-DOUBLE ENCORE-
-MC-
21. Melty Love (Strings version)
22. 恋人

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

2009.03.24 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販