アフタースクール

今日のレンタルDVDは油断していると騙される?
アフタースクール」(初見)
2008年 1:41 4.82Mb/s 448kbps(DD)
サラウンド感:★    音質:★★

騙し系でも気分の悪い騙しと、気持ちの良い騙しの2種類がある。
この映画は後者の方。
意外と細部まで作り込まれた感のある脚本で、
不満やつじつまの合わない部分もなく、
観終えてもう一度見たくなる作りになっているので好印象。
穴と言うような穴はまず見付からないだろう。

全編において謎や複線がしっかり配置されており、
疑問に思いながらもすっかり入り込んでいる自分がいる。
誰を疑い、何を信じるのか。
疑えば疑うほど術中にハマるような作りで、まんまと騙される。
終盤のネタバラシは意外と爽快感がありスッキリしている。
終わってみれば驚くほど単純なのだが、よくもまぁ騙してくれた事で。
とは言っても、元々騙されるように作られているので、それを回避する事は不可能だろう。
また邦画にしてはまずまずのテンポの良さもあり、飽きはこない。
ただ今ひとつ魅力が足りない気がした。
気持ちよく騙され、後味もスッキリしているのだが、
面白かったと思える充実感?みたいなものが意外と少ない。
話の内容的にもイマイチ乗りきれていないからだろうか。

画質はいつもの邦画画質。
ややシーンによってバラつきはあるものの、総じて締りの悪い映像。
黒浮き+黒潰れも酷く、多々気になる。
どうして邦画はこう言った見辛い映像なんだ?
また全体的に解像度も甘く、ノイズも目立つ。
この辺りは片面1層なのでどうしようもない。
音質も微妙。
ややセリフが聞き取り難かったり、抜けの悪さを感じるかも。
とりわけ音響が重要ではない作風なので不満はあまり感じ難い。
LFEは皆無。
全体を通してこじんまりとした印象。
サラウンド感もほぼ無い。
全く無いとは言わないが、包囲感と言う包囲感は感じられないだろう。

何を疑うのかは観る人次第だが、
それでも騙されてしまうだろう。
どの道騙されるのなら、むしろ何も考えずに見ても同じかも?
騙されても不快に感じる事も無く、後味はスッキリしている。
またもう一度見直すと
最初のシーンからまるで別の風景に見えてくる深い作りになっている。
出来れば冒頭だけでも見直す事をお勧めする。
ただし過度の期待は禁物。
パンチ力不足でガツンとくるようなモノは殆ど無く、
”まぁそれなり”ぐらいだろう。
大泉洋が好きならば観ても損は無いかと(こっちはパンチありますからw)
それとエンドクレジット後にもワンシーンあるのでお忘れなく。

    




アフタースクール

テーマ:今日のレンタルDVD/ビデオ - ジャンル:映画

2009.02.26 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販