FC2ブログ

リディック

今日のDVDは製作費170億のSFアクション大作・・・の筈なんだが
リディック
2004年 1:58 6.70Mb/s 754kbps(DTS)
サラウンド感:★★★★★ 音質:★★★

近所のTSUTAYAのレンタル半額期間が終わったのでw
しばらくは手持ちのDVDでもゆっくり見直そうかと。
で、数は程々ある中で1度しか観ていない勿体無い君をチョイス。
この映画はまだPJを持っていなかった頃に観たので、
今回PJでは初めて観ることになるのかな。

確かにお金をかけただけはある、
VFXはもちろん、美術セットや衣装などの出来栄えは素晴らしく見応えある。
細部の作り込みなどよほど気合が入っているのか、
舐め回して見ても耐え得るクオリティだ。
またヴィン・ディーゼルの一人芝居かと勘違いするほど出ずっぱりで、
遺憾なくハゲ頭と大胸筋を披露してくれてるw
これだけの制作費を投じて、当時の売れっ子ヴィン・ディーゼルが活躍しているにも拘らず、
ぶっちゃけ、面白さを感じない。
セットや衣装など表面的な事ばかりに気をとられすぎて、
肝心の中身が魅力的じゃない気がする。
世界観はまだしも、ストーリーがやや一方的過ぎだし華も無い。
リディックをはじめ、他の登場人物も掘り下げられておらず印象に薄い。
だから豪華なセットで人形劇を見せられているような気分。
もっと何か一つだけでもいいからガツンとくる何かが欲しかった。
そしたら後は見栄えの良い映像と共に、何となくの満足感はあっただろうに。

映像はなかなか。
レートは低いものの、セットや衣装の細かい質感もよく伝わってくるし、
何よりフォーカスが良いのか、全体的にキリッとしてシャープ。
むしろCG部がボケて(ボカして?)いるくらいだ。
フィルムグレインはやや強めで粒子感が結構感じられてしまう事もある。
引きのシーンは確かにかなり厳しい部分もあるが、総じてみると問題ない部類。
逆に一部の顔のアップのシーンなどはHD画質かと見紛う程に綺麗だったりもする。
ただ擬似輪郭が結構盛大に出ている。
PS3によるモスキートノイズリダクションの恩恵はかなりアリ。
明らかにBD栄えしそうな映像。
音質は普通。
高音から低音まで不満なく出ているが、やや音自体がチープに感じる。
芯が無く薄っぺらい感じだろうか。
LFEはしっかり入っており、下手に膨らまずレスポンスは良い。
音自体は派手なのだが、あまり印象に残らないかも。
サラウンドは贅沢過ぎるくらい。
移動音や環境音などちょっとしたシーンでもリアスピーカーから音が出てくる。
リアから低音が聞こえるシーンや、音がぐるりと回るシーンもあったりと、
サラウンド効果は絶大だ。
やや煩いくらいに感じる事もあるが、
SFアクション映画ならこれくらい派手めで丁度良い気もする。

豪華なセットや衣装の割に中身は空虚そのもの。
ヴィン・ディーゼルのアクションや壮大な映像があるにも拘らず、
ドキドキ・ワクワクと言った高揚感は殆ど無い。
素材としては決して悪くは無いんだけどね。
うまく料理しきれていないのだろうか、勿体無い。
VFXや美術セット、衣装などは細部まで作り込まれており非常に見応えある。
Blu-rayでその全てを楽しみたい気もするのだが、如何せん中身がどうも・・・
そこまでして見たいと思える映画ではないかな。

    




リディック

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

2009.02.18 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 ら

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販