FC2ブログ

(BD) シャッター

本日のBlu-rayは日本製、ハリウッド向けホラー
シャッター」 (初見)
2008年 1:30 36Mb/s(AVC) DTS-HD
サラウンド感:★★★★ 音質:★★★★★(DTS-HD 1509kbps) 画質:10

日本人で最も綺麗な女性は奥菜恵だと個人的に思っているのでw
これは何とも見逃せない作品でした。
役柄が役柄だけに奥に何かを潜ませる様な瞳や顔立ちはまさにハマリ役。
絶大な存在感がありました。
でも幽霊役なんすよね、、、

さて、中身はと言うと和製らしさとハリウッドらしさを巧く融合させた感じ。
日本人が作ったと言うことで他の映画に見られるような間違った日本人像はありません。
細かい所まで違和感を感じさせない、日本が舞台だと言うことをハッキリ分らせてくれます。
ただ製作側がハリウッドと言うこともあり、展開や演出などはハリウッドらしい大味に。
特に面白いと感じたのがカメラアングルやカメラワーク。
邦画独特の映像とハリウッドらしい映像が入り乱れているので、ある意味すごく新鮮。
どちらにもなりきれていないと言う悪印象よりも、バランスよく融合されていると感じる。
ストーリー的には邦画色よりもハリウッド色が強く、
ジャパニーズホラーのようなジメジメとした陰湿な雰囲気は薄い。
怖さの演出は良い所を合わせた感じで、どちらの好みにも対応しそう。
ビックリドッキリ音を使ったコケオドシが無いのは好印象。
また邦画特有の間延びが少なく結構テンポ良く進む。
サスペンス的な要素もあるので、この辺りはややハリウッド色か。
全体を通してみても監督は日本人でも製作側の意向があるのか、
軸自体はやはりアメリカ向けのハリウッド映画そのものと言うべきか。

画質は驚くほどのフォーカス感。
レートを見る限り36Mb前後を常に推移し大きく落ちる事は無い。
発色はカメラによって違うが暖色系・寒色系どちらも自然で鮮やか。
決して派手派手しさはない。
フィルムグレインはややデジタルくさい。
粒子が細かく硬い。
決して煩くは感じないが、ノイジーになるシーンもあった。
暗部の諧調性はごく自然。
とりわけ見通しが良いワケではないが、適度に黒を沈ませた見易さがある。
そして何より恐ろしいほどのフォーカス感。
シャープな(精細な)映像と言うよりも、とにかくピントがピシャリと合っている感じ。
肌の産毛はもちろん、キメまで見えてしまう程にクッキリハッキリしている。
他のBDと見比べると今まで綺麗だと思っていたソフトがボケボケしていた事に気付く。
それほどにこのシャッターのフォーカス感は素晴らしい。
フォーカス感だけで言えば間違いなくトップクラスでしょう。
個人的にはパイレーツやナルニア2よりもフォーカス感は上に感じた。
また画面サイズがビスタと言うのも画質の良さを感じる要因の一つかも。
16:9のスクリーンいっぱいにピントのビシッと合った映像を見せられるのは圧巻。

音質も素晴らしい。
決して派手さは無い音響なのだが、
音の一つ一つが明瞭で音場もシャープなのだが芯がシッカリしているので軽くも無い。
LFEの量感は程々だが沈み込みは凄いので臨場感が出てくる。
高音域はキレの良さがあり、キーンというストロボの充電音?が妙にリアル。
音楽も存在感があり、盛り上げる所はシッカリ聞かせてくれる。
サラウンド感は先日の「the EYE」と同様に効果音重視で明確な後方からの音は少ない。
ただ音がグルグル回るシーンはこちらの方が一枚も二枚も上手。
脳の中を回されているようなほどハッキリと回りまわる。
雰囲気を高める効果としては抜群に優れているし、体感して楽しいと感じられる。
そう明らかにこのサウンドメイクは”音を聞く”よりも”音を体感する”事が出来る。
今更だがサラウンドの重要性を再認識出来た。

和製ハリウッド映画とあってどちらの良さも合わせ持つ。
ジャパニーズホラーのようなジメジメ感はあまり無く、意外とカラッとしている。
恐怖感は程々だけどホラーとしての演出は秀逸。
目を背けたくなるような怖さは無いので、ビビリ君でも耐えられる見易さはある。
基本的にはアメリカ向け用に作られた感があり、
それが分りやすく表現されているので、むしろそれを楽しめたりも出来る。
また舞台が日本と言う事で見知った風景が随所にあり、
ハリウッド映画なのにモロ日本と言うギャップが面白い。
Blu-rayならではの都庁や富士山なども初めて目にする高画質。
そして何より主役を食ってしまっている程の完璧なハマリ役、奥菜恵。
彼女から発せられる雰囲気や存在感。
不気味と言うよりもむしろ神秘的にすら思えてしまうw

    

>>ホラー映画のすゝめ



テーマ:Blu-ray Disc - ジャンル:映画

2009.02.13 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 さ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販