FC2ブログ

イースタン・プロミス

今日のレンタルDVDはロシアンマフィア系
イースタン・プロミス」(初見)
2007年 1:40 4.53Mb/s 448kbps(DD)
サラウンド感:★     音質:★★

静かに佇むその姿は実に渋い。
これはフィルム・ノワールにあたるのだろうか。
まさに暗く深い。
ただ重苦しさが一切無く意外とすんなり見られる。
若干だがサスペンス的な要素もあるからだろうか。
また一部で話題になっていたみたいなのだが、
主演のヴィゴ・モーテンセンが全裸で格闘するシーンがあり、
これがリアルで非常に見応えのがあった。
何と言うか下手に銃など使わずナイフ一本で襲ってくる。
しかもこっちはマジ素っ裸。
この圧倒的不利な状況下での応戦はかなりの緊張感があり、
観ているこちら側まで痛さすら感じてしまう程だ。
ちなみに気になる部分ですがw見えそうで見えないようで見えてますww

画質はやはり悪い。
DVDの片面1層は厳しい。
とにかく情報量の欠落が激しく、ディティールが潰れすぎてしまう。
また誤差拡散の擬似色っての?あれが凄く目立つ。
色温度を下げた暖色系の色合いでフィルムらしい画作りなのだが、
このお陰で見通しが悪いと言うか、汚れて見える。
基本的には動きの少ない作品なのでそれほど目立つペグノイズはないだけに
非常に残念だ。
暗部の諧調性は期待出来ない。
音質もやや大味な印象。
音の質感と言うか輪郭がハッキリしていない部分が多い。
ただ裸での格闘シーンのみやたらと派手な音になっているのに驚いた。
一見派手な音なので音質も良く感じそうだが、その実はやり音を誇張してあるだけで、
音自体に実態感を伴っていない。
LFEは殆どない。
サラウンド感も感じられない。
一部でリアスピーカーからも音を確認できたが、基本的に前面からしか音は鳴らない。
音の広がりもなく、やや閉鎖的な音響になっている。

重厚なマフィア・ギャング映画を期待すると拍子抜けするかも。
サスペンス的な要素もあり重苦しさはあまり感じられない。
裸の格闘シーンだけでも見る価値はありそうだが、
この手の映画を好まない人には何が何やら分らないのかも。
逆に好きな人でも1時間40分とやや時間的に短く物足りなさを感じてしまう。
後半ようやく面白味が増してきた辺りで意外な所で終わってしまうので尚更。
続編でもあるのだろうか?と思ってしまうラストだった。
それにしても先日のアレックスといい、ロシア人にはホモが多いのか?w

    




イースタン・プロミス

テーマ:今日のレンタルDVD/ビデオ - ジャンル:映画

2009.02.11 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 あ

コメント

はじめまして
私もこの日活の驚くほど画質の悪いDVDを見てから
北米盤の素晴らしく高画質、ロスレス音響のBDを見ました
見えそうで見えないようで超高画質で見えてます(笑)
最後の「えっ!? うそー」と言う終り方も好みでした
ヴィゴ・モーテンセンの入れ墨も凄みが有り
1番決まってると感じたのは舌でタバコを消すシーンでした

2009-02-13 金 17:14:02 | URL | サスケ #- [ 編集]

Re: タイトルなし

こちらこそはじめまして。サスケさんのブログもちょくちょく拝見させてもらってます。
このDVDは近年稀に見る糞画質ですよね。
北米盤は日本語字幕が無いそうで、自分はやっぱり購入には踏み切れません。
その点サスケさんはいつもプチってwくれるので日本語の有無の情報は大変重宝してますよ~。

2009-02-13 金 21:13:54 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販