FC2ブログ

コンテイジョン

コンテイジョン2011年/アメリカ

東京五輪の延期を予言していた!?
と話題になった「AKIRA」に続いて、
新型コロナウイルスのパンデミックと、
あまりに酷似しているとSNS上でバズった本作。
前者はこうなってるかもしれないという”想像”で描かれた作品だが、
後者は綿密な調査の上でのこうなるかもしれない”可能性”を描いている。

内容は接触によって感染する
新種のウイルスが世界各地に拡大していく中で、
社会が混乱し人々が異常なパニックに陥っていく様子を映し出す。

WHO、発生源の調査、感染経路、コウモリ、
飛沫感染、接触感染、手洗い、ソーシャルディスタンス、
医療従事者、クラスター、ロックダウン、
隔離、経過観察、自宅待機、食料の買い占め、略奪、
マスク、ネット上に出回るデマ、ホメオパシー、ワクチン...etc.
今年に入って良く耳にしたワードばかり。

パニックパンデミックものとしての面白味よりも、
日を追うごとに感染状況悪化していく様を淡々と描き、
気付いた時には手遅れ・・・といった感じに、
現実で起こったらゾッとするだろうなぁと思わせる作り。
そして今現在でそれが起こった事に未来予見的な魅力を感じる。

ただ豪華なキャスト陣に対して地味な内容。
公開当時もそれほど話題に上らなかった記憶が。
もしも論だが、
本作の警鐘を受け対処や心構えを前もって知っていれば、
新型コロナの感染ももしかしたらここまで被害拡大しなかった...?
と思わずにはいられない。
タイムリーと言うか、
現実に起こった今だから再注目された作品って事が何だかもどかしい。

【DTS-HD 5.1ch】
 目に見えないウィルス相手に音響も繊細。
 咳き込む、荒い呼吸、触れる指先、擦れる衣服など、
 些細な音が目に見えない恐怖に繋がる。
 音数は少ないものの、劇伴だけはやたら耳に残る。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2020.05.23 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 か

コメント

もうほとんど忘れてますが

リアルな作品でしたよね。人類は何度かパンデミックを経験しているものの、科学の発展によって「きっと大丈夫」という感覚も増してるのかもしれません。
だからこその警鐘だったとすれば、制作陣の方たちのの気持ちやいかに…。
せめて気を抜かず第二波に備えたいところです。

2020-05-24 日 10:55:48 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]

>宵乃さん

どうもコメントありがとうございます♪

> リアルな作品でしたよね。人類は何度かパンデミックを経験しているものの、科学の発展によって「きっと大丈夫」という感覚も増してるのかもしれません。
> だからこその警鐘だったとすれば、制作陣の方たちのの気持ちやいかに…。

ただのパニック物ではなく、リアリティの伴った内容だけにゾッとしますよね。
それでも海外のニュースなんて所詮他人事…。
こうして実際に目の当たりにしないと本当の怖さを理解しきれないのでしょう。


> せめて気を抜かず第二波に備えたいところです。

はい、そうですね。
1日も早い収束を願うばかりです。

2020-05-24 日 23:53:32 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販