FC2ブログ

オーヴァーロード

オーヴァーロード2018年/アメリカ

J・J・エイブラムスが製作を務め、
ノルマンディー上陸作戦中に、
ナチス実験施設でゾンビ兵士と遭遇する、最凶サバイバルアクション。

設定や内容はまんまB級映画、
だけど予算はちょっぴり多め。


そこから想像する範囲内での最大値で作られた映画。
よって、超える事なければ足らない事も無い。
B級映画でご都合主義だけど、
映像や内容で粗が邪魔する事も無く、
かと言って強めのスパイスがある訳でもない。

いや悪くは無いんだと思うんだけど、
戦争モノとしても、ゾンビホラーとしても見せ場薄い。
組み合わせは悪くないけど、
一体何をしたかったのか?よくわからん。
ならば、
最初からゾンビ感染が広がってる中、上陸~とか、
ゾンビソルジャーも銃火器使ってくるとか。
こういうカオスというか勢いが欲しかったかも。
もともとリアリティ無い設定なんだし。

子供のやり取りは定番だけど良かった。
ヒロインの扱いは丁寧だけど手垢過ぎて逆に飽きる。
主人公の無駄な正義感にはイライラ。

【DTS-HD MA 5.1ch】
 これ完全に音響に対して映像負けしてるでしょ。
 音響だけはA級超大作並みの派手さ。
 もう冒頭の降下作戦から地鳴りの様な低音と、
 つんざく銃声、背後へと回り込む爆発音。
 いきなりド派手な音響に焦った。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2020.05.30 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販