FC2ブログ

ハクソー・リッジ

ハクソー・リッジ2016年/オーストラリア,アメリカ

“汝、殺すなかれ”
宗教上、武器を一切触れられず、
軍法会議にまでかけられ、それでも信念を曲げずに、
最前線で多くの兵士を救った衛生兵の逸話。

メル・ギブソン監督作。
「パッション」でもお馴染み、
監督自身が敬虔なクリスチャンであり、
まさに信仰を戦争で説いた映画。

前半は主人公の生い立ちと共に、
いかにして信仰・信念が根付いたかを、
丁寧に描かれているためやや退屈な場面も。

後半は、
“ハクソー・リッジ”
沖縄、<ノコギリ崖>と呼ばれる断崖の高地での攻防戦。
銃弾が、肉片が、肢体が飛び散る凄まじい激戦。
「プライベート・ライアン」を彷彿とさせる、いやそれ以上かも。

沖縄戦の日本兵の描かれ方に複雑な気持ちはありますが、
神風バンザイ!のなんちゃって日本兵ではなく、
あくまでアメリカ衛生兵が主人公の映画としては、
公平に描かれていたのではなかろうか。

【ドルビー TrueHD 5.1ch】
 ドルビーアトモスがリファレンスになり、
 久しく見かけなくなってきたドルビートゥルーHD。
 その特徴は空気を震わす厚みのある重低音と繊細な音の表現。
 まさにその両方が合わさった図太く多様に響き渡る砲弾・銃弾の嵐。
 リアルな音像であたり一面に飛び交う銃弾と怒号。
 濃密な包囲感、移動感で部屋そのものが戦場になったのかと錯覚させる。
 久しぶりにもの凄い音響に出会えた気がする。
 音響だけならプライベートライアンの比じゃないかも。



テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

2020.04.04 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 は

コメント

戦闘シーンは今思い返しても

胃がキュッとなるような迫力でした。
まるで不殺を決意する主人公を試しているかのようで…。
見る前は自分が彼の抱える矛盾をどう受け止めるだろう?と不安だった覚えがあります。見る人によって色んな解釈がありそうな作品でしたね~。

2020-04-05 日 07:46:16 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]

>宵乃さん

ども、コメントありがとうございます♪

> 胃がキュッとなるような迫力でした。
> まるで不殺を決意する主人公を試しているかのようで…。

そうですね、かなりエグいシーンも多かったです。
あの惨劇を目の当たりにしてもなお殺さずを突き通す意思を表現する上で、
必要な演出脚色ではあると思うんですけど。


> 見る前は自分が彼の抱える矛盾をどう受け止めるだろう?と不安だった覚えがあります。見る人によって色んな解釈がありそうな作品でしたね~。

説得力をどう持たせるのかですよね。
本当の動機はともあれ実話としての結果が先にありきの作品ですから。
個人的には映像の迫力もあって、まずまず納得出来たと思います。

2020-04-12 日 23:34:46 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販