FC2ブログ

レプリカズ

レプリカズ2019年/アメリカ

キアヌ・リーブス製作・主演のSFスリラー。
宣伝文句にはSFアクションと書かれているけど、
アクション要素は殆ど無く、スリラー。

クローンで蘇った人間に果たして元あった魂が宿るのだろうか。
そう考えながら観ちゃうと更にスリラー感。

人間の(神経)記憶を読み取って別の器にコピーすれば、
アンドロイド(レプリカンズ)やクローン人間も可能。
でも上手くいかないのは魂が必要だから!
いや違う!器が問題だったんだ!
記憶の中の肉体とロボット機体では脳が混乱するけど、
クローン生成した本人の肉体なら大丈夫だ!
臓器移植と同じ理論だ!
っとまぁ昔から良くあるSFテーマ。

色々とお粗末なシーンも多々あるけど、
キアヌが家族生成中にテンパりながらもアリバイ工作するのが面白かった。
冒頭のカクカクモーションロボットから察する低予算感。
オチもそこから推し量るべし。

アクション要素も無く、テーマ性も今更。
見所と言うべきSF映画にすごく有り勝ちなARオペレーションGUI。
キアヌはただこれがやりたかっただけなんじゃなかろうか。

【DTS-HD MA 5.1ch】
 SF作品らしい?シャープな音像。
 冒頭の事故シーンでちょっと肝を冷やした。
 また植物園風の自宅庭からやたら鳥や虫の鳴き声が聞こえるなど、
 環境SEサラウンドも多めで、
 研究室の無機質感との対比が面白かった。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2020.03.14 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 ら

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販