FC2ブログ

ミスター・ガラス

ミスター・ガラス2018年/アメリカ

「アンブレイカブル」の後日譚。
スプリット」の続き。
悪を察知し、不死身の体を持つブルース・ウィリス。
24種類人格を持つ多重人格者ジェームズ・マカヴォイ。
非凡なIQを持つが、94回骨折した壊れやすい身体を持つサミュエル・L・ジャクソン。
特殊能力を有する3者それぞれ、
自信をスーパーヒーローと信じて疑わない。
M・ナイト・シャマラン監督の思い描く、
現実的な”ヒーロー像とは” 3部作。


前2作を知った上で物語が展開する、
完全に一見さんお断り仕様。
前作同様マカヴォイの怪演、
そして20年振りのアンブレイカブルキャスト組みによる夢の共演。

飛んだり跳ねたり、派手なアクションがある訳ではなく、
世間からつま弾きにされた、
ちょっとだけ非現実的な特殊能力を持つ者たちによる、
マイノリティギフトの存在証明。

あぁなるほど、
シャマラン監督はマーベルアベンジャーズに憧れつつも、
それを受け入れられずアンチテーゼという形で、
本3部作の構想を練ったんだろうなぁ。
ジェームスマカヴォイはX-MAN、
サミュエルLジャクソンはアベンジャーズに出演ってのが、
なんとも皮肉が利いてて・・・。

いちおう前作スプリットの続編としては完結しているので、
あの続きが気になるのならば。
それ以外は少々退屈で面白味も感じ難いし、
シャマラン監督ファンじゃなきゃ見れたものじゃないかも。

そこでふと思う。
シャマラン監督全11作品すべて観破しつつも、
毎回のように彼を批評し続ける俺。
本気で面白いと思ったのは1作目の「シックス・センス」のみ。
「サイン」や「ヴィレッジ」の雰囲気やサラウンド感が好き。
それ以外は糞だと思っている。
なのに未だにシャマラン監督作に固執するのは何故なんだ。
たぶん自分と同じオタク気質が作品から滲み出ているから。
批評は同族嫌悪であり、期待への裏返しでもあるのかも。
そう思うと、
きっとこれからもシャマラン監督作品を観続けるだろうなぁ。

【DTS-HD MA 5.1ch】
 的確かつ正確な音像配置で、
 見通し良く広がる音場空間。
 不穏な劇伴で煽ってくるのは前作同様か。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2020.02.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 ま

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販