FC2ブログ

スカイライン-奪還-

スカイライン-奪還-2017年/イギリス,中国,カナダ,インドネシア,シンガポール,アメリカ

前作「スカイライン-征服-」の続編となるSFアクション。
製作費$10,000,000という低予算ながらも、
最新(当時)VFX技術に全力投入し、
その魅力を余す事無く描写してくれた地球侵略のSFムービー。

なんでもVFX技術の高さを宣伝する目的で作られたとか。
(安価でもこれだけ高クオリティな映像表現が出来ますよ!的な)
その後、
ほぼ同時期に製作公開された「世界侵略: ロサンゼルス決戦」の
盗用疑惑で訴訟問題にまで発展していたとか何とか。
そんなこんなで続編製作が伸びに伸び、
7年越しの続編となりました。

忘れかけた前作の復習も兼ねた再見と、
続編の連続視聴で挑みました。

内容は、
前作の宇宙人襲来を別の場所・別の人物たちで描き、
中盤で前作と繋がり、
終盤はアジアンカンフー入り混じりのVFX肉弾アクション。
前作から倍の予算が投じられたお陰で、
映像はもちろんのこと、
内容・アクション・結末に至るまで、
良くも悪くもB級感マシマシのごっちゃ煮SFムービーに。

こういうB級のノリやカルトムービー的な人向け。
より進歩したVFX技術が~とか、
よりスケールアップした映像を~とか、
そういうのを期待するものでもないですし、
これはこれで正常進化、正統続編と言えなくも無い。
が、
やはり旬を逸してしまっている。

VFX映像も2010年当時としては凄かったけど、
マーベル作品群やトランスフォーマーシリーズ等で、
散々目を肥やしてきた7年間。
正直、この程度じゃ驚きもない凡庸。

【DTS-HD MA 5.1ch】
 こちらにも前作同様の重低音が豊富に入っており、
 ちょくちょく床下まで震わす低音が鳴る。
 サラウンド感も上々。
 上空から来襲する敵宇宙船など、
 ドルビーアトモスじゃないのが残念なくらい、
 上方からの音数は多い。



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2020.02.22 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 さ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販