FC2ブログ

イコライザー / イコライザー2

イコライザー2014年/アメリカ

凄腕の元CIA工作員が、
娼婦と出会った事をきっかけに、
たった独りでロシアンマフィア組織に立ち向かう、
不正を正す仕事請負人、勧善懲悪劇。

はい、このあらすじを聞いてピンときた方。
正解です。
大よそのストーリー展開や、
あらすじから感じるツッコミ所など、
ジョン・ウィック(2014年)とほぼ同じプロット。
キアヌ・リーブス、
リーアム・ニーソンよろしく勧善懲悪リベンジムービー。

元々は米の連続テレビドラマ。
日本で言う所の”必殺仕事人 by CIA”って感じでしょうか。

法で裁けぬ悪の不正を正す!みたいなの。
小さな街中で、一人二人救った所でどうなるものでもなく。
世界中にはもっと多くの救いを求める声があるわけで、
それら無視して目先の悪退治ってのがTVドラマ的でチープ。
そもそもただのお節介、余計なお世話って話も。

劇場内でもそれが気になって、
主人公の苦悩もよくわからんし、
正義の動機や信念みたいなのがブレブレに。
道を正すチャンスを~と言いつつ、
独断と偏見で一気に始末しちゃうパターンもあるし。

見所となる日用品を使ったクールなアクションだが、
もう散々手垢の付いたもの。
なぜか銃をほとんど使いたがらないのが最大の謎。

脚本・アクションどちらも「ジョン・ウィック」の方が上手。

【DTS-HD MA 5.1ch】
 ソニピク特有のピーク感。
 あまり音量を上げ過ぎると煩く感じるタイプ。
 サラウンドも5.1ch止まりなのでほどほど。




イコライザー22018年/アメリカ

表向きはタクシー運転手として働きつつ、
乗客の会話を盗み聞きで仕事請負人。
そんな中、都合よく扱き使っていた友人が殺され、
さも当然の如く独自捜査始めるのだった・・・。

ワールドワイドな仕事請負を始めたのかと思いきや、
やっぱり自分の住む街中どまり。
親友の死の真相も元同僚というお決まりパターン。
なんらひねりなく我が物顔で突き進む。
王道、と言えば聞こえは良いが、
やってる事は割りと自分勝手で無茶苦茶。

クライマックス決戦の舞台。
避難勧告の出たハリケーン只中。
もうそういうのがやりたいが為なんでしょうな。
相変わらず銃を使いたがらないのは何故なんだぜ?

【DTS-HD MA 7.1ch】
 こちらは定番の7.1ch。
 連続視聴したのですが、
 明らかに音場がふた周りくらい広い。
 5.1chと7.1chの違いなのか、
 ただ単に公開年月による音響設備の差なのか。
 それでもこんなに違う音響を目の当たりに、
 やっぱ映画って音響あってのものだよね!と再認識。
 サラウンド感もたっぷり後方回り込み。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2020.02.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販