FC2ブログ

オンリー・ザ・ブレイブ

「オンリー・ザ・ブレイブ」2017/アメリカ

消防士映画にハズレなし?
「バックドラフト」や「炎のメモリアル」など、
仲間・家族愛、そして炎に飛び込む勇気。
直球ストレートのテーマなので割りと受けやすいように思う。

大規模な山火事に立ち向かった森林消防隊の決死の活動を映す、
実話をベースにしたドラマ。
全く前知識無くも、
冒頭実話ベースの字幕を見て、
あぁそういやアマゾンで大規模山火事があったな~とか、
アメリカの山火事ってシャレにならない規模で凄いんだって~とか、
火には火を以って鎮火させるくらいの知識を持ちつつ鑑賞。

実話ベースとは言いつつも、
消防士たちのアメリカンなサクセスヒーロー家族ドラマに、
いつの間にかすっかりハマってしまい、
そしてラストで衝撃を受け、実話の重みを改めて痛感させられた。
ネタバレ言う事が既にネタバレなんだろうけど、
あまり知らずに観た方が感動と衝撃は大きくなる系。
とだけ言っておこう。

山火事シーンも迫力あり(やや短く細切れなのが残念)
湿度3%とか、カラッカラの草木大地のロケーションなど、
そりゃあっちゅー間に燃え広がるのも納得だわな。

そう言えばアメリカって実話を何でもすぐ映画化するよな~。
自然災害に限らず、戦争・テロや911、
列車脱線事故や旅客機墜落事故、
銃乱射事件や連続猟奇殺人事件、、、等々。
当事者感情やモラル的にも日本じゃNG案件でも平気で実写映画化。
最近では映画化されて事件を初めて知る...なんて事も。
日本じゃこうはいかないのは何でだろう。
3億円犯人とか仇討ばかり蒸し返してるだけ。
あとは山荘に篭ったり、タイヤが飛んだり、文書改竄横領したりくらいか。
あまり凄惨な事件事故・災害等はあまり扱われない印象。
逆にローカルな話ならば、
ギャル受験や死に際花嫁とか家なし文無しとか、
痴漢冤罪とか、障害サーファーとか、犬が待ってたりとか。
あとはどこぞの家族ものが大半。
世界的に見ても日本は平和だから~なんて過去の話。
凄惨な事件事故も割りと日本でも起こっている気がするんだよな。
それを映画の題材にする事に賛否はあれど・・・。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2019.10.22 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販