FC2ブログ

アレックス

今日のレンタルDVDはもう二度と観たくない
アレックス」(初見)
2002年 1:37 8.37Mb/s 1509kbps(DTS)
サラウンド感:★★     音質:★★★★

これほど気分の悪くなる映画はないだろう。
映画的にどうこうとか、表現がどうとか衝撃がどうとか、そんなどうでもいい。
気分を害する、またはそれを意図しているから尚更胸糞悪い。
ハッキリ言ってもう二度と観たくない。

冒頭の凄惨な暴力や中盤あたりのレイプなど、
大抵の人が直視したくないシーンをまざまざと見せつけてくれます。
そんじょそこらのホラー映画のグロシーンよりもじっくりと、また生々しく。
ホラーなどの残虐なシーンでもそれが作り物、フィクションだと分っているからこそ見られる。
しかしこの作品はあたかもスナッフのように見せている。
リアリティが妙にあり過ぎて気分が悪くなってくる。
また冒頭のシーンで常に流れる音楽は不快な気分にさせる。
とにかく低音(LFE)が鳴りっぱなしで、ソワソワ落ち着かない気分になってくるし、
不協和音のBGMも嫌なイメージばかり連想させる。
ラストにいたっては白と黒の点滅のみを繰り返すシーンが1分少々続く。
これを直視してしまうとポケモンショックになり兼ねない。
っと思って確認したら、点滅の間に別の映像が入っておりサブリミナル効果も装っているようだ。
視線を外すなりして直視しないよう注意が必要。
それ以外にもカメラアングルがぐるぐると回り安定しないし、ブレも酷い。
暗いシアタールームで見てしまうと目眩を引き起こす可能性もあるだろう。
これら全て意図しているからどうしようもない。
ちなみにメメントのように結末から始まり、時間軸が逆行してゆく手法がとられています。
エンドロールすらも逆再生で冒頭に入っているなどの徹底ぶりです。
特典ではメメント同様やはり時間軸再生が可能です。

画質は悪い。
フィルムグレインも強烈過ぎて解像度が低くなってしまっている。
暗部の潰れは元からだろうが冒頭は殆ど見えない。
発色も悪く全体的にくすんだ色合いになっている。
音質は良い。
冒頭からLFEがずっと出っ放しの状態が続いたり、
BGMなども意外なほどシッカリしている。
DTSのフルレートの良さがそのまま出ている印象。
サラウンド感はあまり感じられないが、
BGMや音場の補助的に機能しているのは実感できる。

とにかく不快な音やシーンが多く、気分を害する。
また凄惨な暴力やレイプなどを如実に描くなど、
現実味があり過ぎて直視出来ないかもしれない。
酔う程に回るカメラや光の点滅やサブリミナル映像など、
とにかく観ている人を不快にさせる事に徹底している。
もう二度と観たくない映画なので、
興味本位で観る事はお勧め出来ない。
存在すら忘れたい気分だ。

    




アレックス

テーマ:今日のレンタルDVD/ビデオ - ジャンル:映画

2009.02.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販