FC2ブログ

MEG ザ・モンスター

MEG ザ・モンスター2018年/アメリカ

昔から巨大生物や太古の生物、
未知の生命体といった物に興味を持っていた。
とりわけサメは、映画好きになったキッカケでもあり、
子供の頃からジョーズを見て育ったと言っても過言ではない(言い過ぎ)

私事ながら、元旦にちょうどアクアワールド大洗へ行って来たばかり。
なんでもここは日本でも有数のサメ(現在54種)を、
数多く展示している水族館で、それを楽しみにしていた。
しかし、サメの餌やりタイムを目にしてガッカリ。
ジョーズや人食い鮫のイメージを持っていたけど、
実は鮫の捕食はかな~り地味で、
それほど多く餌を摂らない事が分かった。
水底に落ちた魚の死骸をすっと吸う様に食べるだけ。
凶暴で荒々しい鮫の印象とのギャップで、
鮫の印象をだいぶ改めざるを得なかった。

閑話休題。
そんなサメ好きな私なので、
本作もかなり楽しみにしていました。
太古から蘇った巨大サメ、メガロドン。
ただ主演のジェイソン・ステイサムが一抹の不安でもあった。
もしかして、
サメとガチバトルを繰り広げる、
トンデモ海洋モンスターアクション映画なんじゃ・・・


その予想は当たらずも遠からず。
昨今の「シャークネード」を始めとする、
トンデモB級サメ映画が定番となって久しいが、
そのお陰か、本作のメガロドンは割りとまともに見える不思議。
サイズこそ大きく誇張しているものの、
過去累々のモンスターパニック映画と並べられて問題ない。
むしろ荒唐無稽なのはジェイソン・ステイサム人間の方じゃ・・・
まぁそこは推して知るべしなので割愛。

ざっくりとした感想になるが、
中国市場を意識した要素がこれでもか!
キャストはもちろん、美術背景やエキストラ、劇伴などなど、
至る所からチャイニーズな不自然さを感じてしまう。
これは気になる人はとことん気になるだろう。
展開は有り勝ちな物で、先読みのし易さやツッコミ所も多い。

むしろ一般受けを狙ってだろうか、
ショッキングなシーンは殆ど見せず、
その為にメガロドンの恐怖がいまいち伝わり難い。
ただデカいだけ。
肝心のメガロドンのVFXも微妙。
全体像が掴み難く、姿を現しても一瞬で翻ってしまったりと、
魅せ方が下手過ぎて、メガロドンを堪能しきれず終わってしまった。

【ドルビーAtomos】
 舞台が海中と海上とあってか、
 あまり期待したほどのサラウンドではなかった。
 どうしても水中だとバプルがブクブクするだけだし、
 メガロドンも図体だけデカくてスクリーンを縦横無尽とはいかず。
 重低音は割りとしっかり入っているので、
 迫力と言う意味では不満無く。

あのジョーズを越えて、
サメ映画史上ナンバーワン興収となった本作だが、
中国市場、ジェイソン・ステイサム、大味ストーリー、
巨額予算大作、過激描写カットと、
まぁ一般大衆に向けたモンスターパニック映画として観れば、
大ヒットも頷けるだろうか。
観終えた後の感じが「ジオストーム」と被る・・・。

MEG.jpeg
どこかの映画評論家が言っていた事だが、
本作のヒット要因の一番は、
ポスタービジュアルの出来の良さに尽きるとかなんとか。
本編に同じシーンは全く無いのだが、
この一枚からメガロドンもろもろの想像が出来き、
かつ多くの興味を惹く素晴らしいビジュアルだ。


 
  



テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

2019.01.12 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 まとめ

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販