FC2ブログ

一言映画感想 ジョン・ウィック

ジョン・ウィック2014年/アメリカ

伝説的なすご腕の暗殺者が、
亡き妻の忘れ形見の愛犬チンピラマフィアに殺され、
たった独りでマフィア組織に立ち向かう、
怒りと憎しみの壮絶な復讐劇。

はい、このあらすじを聞いてピンときた方。
正解です。
大よそのストーリー展開や、
あらすじから感じるツッコミ所など、
ご想像通りの内容であり、予想通りの感想になると思う。

デンゼル・ワシントン、
リーアム・ニーソンよろしくリベンジムービー。
見所は全盛期を過ぎたキアヌ・リーブスの再起を懸けた、
体当たりの(約9割方本人スタント)、
超接近型のガンアクション、
その名も新銃術”ガンフー”(ガン+カンフー)

キアヌ無双のTUEEEEE展開。
裏稼業の謎組織とか、
なろう・ラノベかよ!と思わなくも無くも無い。
ただ伝説の殺し屋の割りに何度か死にかけるのは、
キアヌ自身の体力の限界なのか?

【ドルビー TrueHD 5.1ch】
 アクション映画らしいキレとパンチの効いた音響。
 ピラミッドバランスなドルビーTrueHDは、
 つい音量を上げがちなのだが、
 気を抜くと強烈な一発が飛んでくるので要注意。




ジョン・ウィック チャプター22017年/アメリカ

前作の壮絶な復讐劇から5日後。
殺し屋稼業から足を洗い静かな生活を望むも、
裏世界のルールと復讐の報復が待っていた・・・。

こういうのなんて言うんだっけ、
些細な事しか望んでいない筈だったのに、
悪手によって事態がどんどん悪化し、
自ら追い込まれてしまう様、みたいなの。

もう誰が悪いとか、何が正義とか関係無く、
やられたらやり返す因果応報な裏社会。
一度動き出したらもう立ち止まれない。
そんな蟻地獄へようこそ「Mr.ジョン・ウィック」
もはや復讐劇でも何でもない。

ワールドワイドなロケーションの中、
怒涛の如く押し寄せてくるガンフーアクション。
これでもかと言わんばかりに飽きるほど見せられる。
そして前作以上にキアヌ無双のTUEEEEにも関わらず、
満身創痍で疲労困憊でボロッボロ・・・。
つか、
前作からキアヌは何度車に跳ねられれば死ぬんだぜ?

どうやら3作目もあるようで、長いシリーズになりそうな?

【ドルビーTrueHD 5.1ch】
 製作年代が違うとこれだけ違うものなのか?
 同じ音声フォーマットにも関わらず、
 前作よりもキレや厚み、広がりなどが増している。
 特に低音の量感と後方からの音数は格段にアップしている。
 部屋中を包み込むように押し寄せるサウンドに、
 途中で、あれ?これAtmos音声だっけ?と勘違いしそうになるほど。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2019.02.23 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 まとめ

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販