FC2ブログ

一言映画感想 アジョシ 新しき世界 チェイサー

アジョシ2010年/韓国

韓国版「レオンと喩えられているアジョシ。
日本語で”おじさん”を意味する。
心に闇を抱える孤独な男と、
隣に住む孤独な少女の心通わすバイオレンスアクションドラマ。

レオンと比べると、
ストーリーは大分凡庸ながら、
麻薬組織から臓器売買まで遠慮が無い。
血生臭さというか、陰湿さは韓国映画ならでは。
まずもって日本では真似できまい。

ウォンビンの肉体美や存在感など、
なるほど韓国版アカデミー賞主演男優賞も納得。
日本のアイドル俳優やコピペ俳優には真似できまい。

肝心のアクションシーンはボーンシリーズさながらの、
流れるように一連のシーンを繋ぎ合わせてゆく、
ハイスピードブレブレカメラアクション。
兵役制度のある彼らの本物の武術や銃の扱いなど、
とうてい日本人には真似できないリアルさがある。

アクション要素ありきのドラマなので、
感情移入する間も無く、
ばったばったと人を殺していく様は恐れ入る。
韓国版レオンと言われるのも分るけど、
アジョシを見ていると、
贔屓目にも「レオン」の完成度の高さを改めて実感さされれる。

【DD 5.1ch】
 残念ながらDVDでの視聴だったので、
 サラウンドで思う存分は楽しめず。
 アクション映画らしくスピード感ある移動音や明瞭な定位感など、
 聴き所の多いサラウンド音響。




新しき世界2013年/韓国

韓国版「インファナル・アフェアと喩えられている新しき世界。
犯罪組織に潜入した警察官が、
警察への忠誠と、組織との絆の間で葛藤するノワール映画。

序盤こそ潜入捜査官ものの二番煎じ感は否めずも、
やはり身元バレの緊張感の中、
互いの立場や感情などいくらでも深読みさせてくる。
相変わらず血生臭く容赦のない暴力描写など、
韓国らしさにも合っている。

傑作揃いの潜入捜査ものだが、
似たプロットは多くあるも、
これはこれで十分良く出来ているのではなかろうか。
何より主人公が物言わず漁夫の利で座る椅子は最高だろうて。

【DD 5.1ch】
 いちおう5.1chサラウンドとなっているが、
 リアスピーカーの使い所は限定的。
 またセリフの違和感もややあり。




チェイサー2008年/韓国

あちらこちらでやたらと評価の高い本作。
どうやら「殺人の追憶」に匹敵する凄い映画らしい。
韓国で実際に起こった猟奇殺人事件を基に、
狂気のシリアルキラーをたった一人で追う元刑事の追走劇。

まずこの手のクライム・サスペンスは、
犯人と警察側との知恵比べだったりするものなのだが、
いやはやあちらの警察は無能過ぎてイライラ。
犯人側を持ち上げる為に警察側を下げるやり口、
まるで「異世界のなろう系」のうようだ・・・。

意外性と言えば聞こえは良いが、
とにかく非効率かつ悪態ばかりで、
一向に捜査が進まずストレスが溜まる。
おまけに事件は残忍極まりなく、
韓国特有の胸糞で救いも何も無い。

もう何もかもがこちらの思うように行かず、
不快で気分が悪くなる映画でした。
裏を返せば、そう思わせる強烈なインパクトがある作品・・・
とも言えなくも無くも無いかもしれない・・・

公開当時(2008年)、
ディカプリオ主演でのハリウッドでのリメイクが即決まったらしいが、
今現在(2019年)、製作は未だなされていない。
ちなみに、実際の連続殺人とは大分かけ離れた内容らしい。

【DD 5.1ch】
 思った以上にサラウンド感は強い。
 雨や閑散とした深夜の街並み等、包囲感がしっかり感じられ、
 追走劇での後方移動などサラウンド要素もあり、
 また劇伴がやたらケレンミがかって盛り上げる。




      



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2019.02.16 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 まとめ

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販