FC2ブログ

一言映画感想 バリー・シール/アメリカをはめた男 トランスフォーマー/最後の騎士王 アナベル 死霊人形の誕生

バリー・シール/アメリカをはめた男2017年/アメリカ

タイトルや予告PVから察するに、
トムが周りを爽快に騙す系アクションエンタメ!
を期待して見たら、
国家(時代)に翻弄されたパイロットの数奇な人生を描いた、
実話ベースのややコメディ色のある社会派ドラマだったでござる。

金に人生を狂わされる男の話に、
70~80年代の時代背景や各国の情勢などを織り交ぜつつ、
サスペンスともコメディとも取れる作風に。

タイトル詐欺の内容もそうだし...
トムの作品としてもそうだし...
内容的にも...
どう感想を言えば良いか分からない。
面白い訳ではないけど、
決してツマラナイ訳でもない系。
トムじゃなかったら間違いなく見ていない。

【DTS:X】
 たぶんDTS:Xの音声は初かな?!
 ただウチの環境ではDTS:Xには対応してないので、
 DTSHD MA 7.1chとして認識。
 とにかく飛行シーンが印象的。
 豪快な鳴きっぷりサラウンドで、
 頭上からの音も十分高さを感じさせる。
 今後DTS:X音声が増えてきたらAVアンプも買い替えか?!




トランスフォーマー/最後の騎士王2017年/アメリカ

シリーズ通算5作目?
前作でキャストとデザインを一新した時点でもう別作。
それでも前作ロストエイジまでは、
人類とオートボットの在り方~
みたいな葛藤があったような無かったような気がしたけど、
本作では完全にロボットバトル映画。

アポロ計画時代のダークサイドムーン
中生代白亜紀のロストエイジ
そしてアーサー王伝説の本作。

昔からオートボットは地球に居ました設定
 (時代設定や謎など後付けでどーとでもなるし、)

次から次へと新たなオートボットも地球に飛来
 (新キャラ登場でいくらでもシリーズ作れちゃいます)

ツッコミ所満載といより、ツッコミ待ち?かと。
大味?いやジャンクフード。
雑というか、ザル。
詰込むだけ詰込んで、
最後に帳尻あわせすれば後は中身はどうでも。
もはや物語としての体を成してない気がするのだが…。
映像も相成って、
もうグッチャグチャ!!

トランスフォーマーシリーズ大好きの私ですら擁護しようがありませんw

ちなみにシリーズ初めて興行収入が製作費を下回り、
続編は無期限延期。
ただしバンブルビーを主役としたスピンオフが公開予定。

【ドルビーAtomos】
 物語や映像がぶっ飛んでいるなら、
 音響もぶっ飛んでいるのがトランスフォーマー。
 前作ではアトモス草創期で天井方位が甘かったけど、
 本作ではリミッターを解除したかの如く鳴りまくる。
 これでもかと言わんばかり。
 劇場サラウンドばりの派手な音響。




アナベル 死霊人形の誕生2017年/アメリカ

死霊館」が1作目。
その続編(別件)が「エンフィールド事件
不気味人形にフォーカスを当てた、
スピンオフ作品「アナベル 死霊館の人形
その「死霊館の人形」の続編(前日譚)が本作「死霊人形の誕生」。

前作の出来が散々だったものの、
本作では「ライト/オフ」の監督がメガホンを取り、
恐怖演出に磨きがかった。

「エンフィールド事件」もそうなのだが、
割りと早い段階で悪魔的なのがガッツリ出てくる。
それを踏まえた上でのギミック恐怖演出で怖さ倍倍増。
なので、
”日本的な見えない存在にビクつくのか”
”もろに悪魔がドンッ!バババッー!と出てきて驚くのか”

そのニュアンスの差がそのままの印象かも。

ただこれだけは言える、
前作を遙かに凌ぐ出来栄え。
エンドロール後にしっかり前作へと続く。
アナベル誕生秘話というわりに、
肝心のアナベル人形に取り憑く部分が割愛なのは残念…

ちなみに「エンフィールド事件」の悪魔の尼僧。
本作でもチラッと出ていましたが、
スピンオフ映画「死霊館のシスター」として公開されるみたい。

【ドルビーAtomos】
 ホラー映画を何倍にも盛り上げるのはサラウンド音響!
 TVやステレオ2chでは決して、決して!体感出来ない。
 前後左右、天井方位。
 音の出処が分かる事によって恐怖感は膨れ上がり、
 音にならない低周波音や不協和音で不安感を煽り、
 耳をつんざく様なドッキリ音で心臓が破裂する。
 こんな体験が出来るサラウンド環境は最高です!w




      



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.12.15 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 まとめ

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販