FC2ブログ

一言映画感想 22年目の告白-私が殺人犯です- キング・アーサー ゴースト・イン・ザ・シェル

22年目の告白-私が殺人犯です-2017年/日本

韓国映画の邦画リメイク版。
時効を迎えた連続殺人事件の犯人が22年後に名乗り出る。
殺人犯、警察、マスコミを巻き込んでの三つ巴で頭脳戦?
軽快なテンポと息を呑む展開に序盤は釘付け。
終盤はやや荒っぽいが、割りと満足度は高い。
藁の楯」と「悪の教典」を足して2で割った感じか?
ただ設定が設定だけにツッコミ所は多し。

個人的に特に気になった2点。
まず事件から22年の歳月。
連続殺人犯なので当時推定年齢30歳前後が妥当だろう、
そこへ22年の歳月を足すと”52歳”くらいが現犯人年齢になるはず。
藤原竜也(36):どうみても年が合いません。
伊藤英明(42):むしろ当時20歳(22年前)の新米刑事に違和感。
仲村トオル”(52):←ネタバレの為伏せますが、年齢ピッタリですねー。

もう一つは、殺人犯という証拠が手記のみで決定力・説得力不足。
年齢の事もあり、最初からモヤモヤしたものが付き纏う。
ま、この手のサスペンス映画なんて、
「私が殺人犯です!」なんて、どうみても嘘バレバレなんですけどね。

【DST-HD MA 5.1ch】
 ドラマベースなのでサラウンドは大人しめだが、
 要所で劇伴をケレンミたっぷりにサラウンドさせる感じ。
 邦画に有り勝ちな篭り感もなく、クリアな音質。





キング・アーサー2017年/アメリカ

ガイ・リッチー監督による、
アーサー王をめぐる伝説をベースにした爽快無双アクション・ファンタジー。
血湧き肉躍る壮大な歴史スペクタクル大作(リドリー・スコットっぽい)ではなく、
聖剣と魔術と異界の魔物のファンタジー世界
ガイ・リッチーお得意のハイスピード撮影のオンパレード。
3D映画の為のCG感たっぷりの舞台。
なんでも6部作の長編物にしたかったらしいが、
ハリウッドで最も大赤字を出した映画とされ、たぶん次はもう無いだろう。

【ドルビーAtomos】
 かなり音圧の低いサウンド。
 正直、アトモスと言われても分らない。
 それもそのはず、エンドロールにアトモスの文字は無い似非アトモス。





ゴースト・イン・ザ・シェル2017年/アメリカ

言わずと知れた原作・士郎正宗、監督・押井守による、
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の完全実写化。
日本の漫画・アニメの実写映画化は否定的な意見が大多数。
中でもキャスティングが問題視される事も多く、
特に人種変更は世界観すら改変してしまうので尚更。

本作も草薙素子役にスカーレット・ヨハンソンをキャスティングし批判された。
でもまぁあまり原作に興味の無い私からすれば別にどっちでもいいかな。
内容も同様に、
原作ファンからすれば相違点が気になるだろう事も理解出来るし、
映画なりのの原作愛を持ってキチンと作られているのも見て取れる。
だからこそ言わせて欲しい。
もともと実写向きじゃないんじゃね・・・

と言うか、
この世界観はやっぱりアニメならではの表現であって、
これではハリウッド映画で良くある近未来SFとそう大差ない。
出来は悪くは無いし、映像もそこそも見応えあったけど、
わざわざGITSを実写化した意味を考えると・・・微妙なところ。

【ドルビーAtomos】
 なかなか聴き応えのあるサラウンド音響。
 近未来のごちゃっとした街の喧騒やメタリックな?雰囲気とか、
 如何にもサラウンド栄えしそうな空間が広がる。
 重低音もなかなかで、後半はやや盛大ななりっぷり。




     



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.10.13 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 まとめ

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販