FC2ブログ

一言映画感想 10 クローバーフィールド レーン 13時間 ベンガジの秘密の兵士 キングコング: 髑髏島の巨神

10 クローバーフィールド レーン 2016年/アメリカ

あのお騒がせ映画、クローバーフィールド/HAKAISHAの続編だとかなんとか。
それ自体が伏線(ミスリード)になったネタバレ厳禁な内容。

ほぼ全編通して地下シェルター内での密室スリラー。
疑心暗鬼と散りばめられたヒントで二転三転、トンデモ展開へと。
前作?と繋がりがあるのか無いのかも含めて前作ありき
ただしPOV撮影ではなく、通常のカメラ撮影。

【ドルビーAtomos】
 これには度肝を抜いた。冒頭ものっ凄い音。
 中盤ちょくちょく天井付近からのサラウンド。
 そして終盤の激しく唸る重低音。
 内容的なのも相成って、トムクルーズの宇宙戦争を彷彿。




13時間 ベンガジの秘密の兵士2016年/アメリカ

あのマイケル・ベイ監督作品なのに、
なぜ日本では劇場公開されずビデオスルー??

確かに実際に起きたアメリカ在外公館襲撃事件を題材とした内容で、
マイケル・ベイお得意の大味ドラマを封印し、
真面目に描いた戦争映画なので受けはあまり良くないとは思うけど、
下手なアクション映画よりもよっぽど凄い戦争映画が観られるかも?
CGに頼らなくとも、圧倒的な物量で見せる映像演出は流石。
にしても、邦題のサブタイトルのセンスの無さは異常だろ・・

【ドルビーAtomos】
 戦争映画らしく縦横無尽に飛び交う銃弾、
 距離感を伴う広い空間表現。
 目を閉じればそこは戦場の真っ只中。




キングコング: 髑髏島の巨神2017年/アメリカ

観終えてから知ったのだが、
怪獣映画を同一世界観のクロスオーバー作品として扱う、
”モンスターバース”シリーズの第2作目。
1作目は渡辺謙主演のリブート「GODZILLA ゴジラ
3作目「Godzilla: King of Monsters」(2019年)
4作目「Godzilla vs. Kong」(2020年)が製作中?
更には「パシフィック・リム」ともクロスオーバーさせる案もあるとかないとか。
なるほど、マーベルのアベンジャーズみたいな怪獣版と思えば良いのかw

さて感想だが、
なんだろう今時の映画なのだろうか。
映像ありき、素材ありきのチープな脚本で、物語の掘り下げが足らない感じ。
よくポップコーンムービーと言われるが、
それでも観終えた後の満足感はあったはず。
なのに本作にはそれが薄く、時間が経てば忘れてしまいそうな気がする。
コングを出し惜しみせず、迫力ある映像をガッツリ見せてくれているのだが、
ただそれだけ。
ワクワク・ドキドキ感がないんだよねー。
恐竜や巨大生物は大好物な私ですが、これは食指が動かず。

あとサミュエル・L・ジャクソンがいると、
B級感が増し増しなのは気のせいじゃないはず!w
個人的にはピータージャクソン版の「キング・コング」の方が好きです。

【ドルビーAtomos】
 こちらにも期待していたのだが、思ったほどじゃなかった。
 序盤は全方位型のサラウンドに胸が躍ったけど、
 レンジ幅が狭いというか、コンプで潰されたような音。
 もしかするとアトモスだけど48khz/16bit収録なのか?
 サラウンド音響としては悪くないが、アトモス音響としては物足りないかも。



     



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.10.06 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 まとめ

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販