(BD)アイアムアヒーロー

本日のレンタルBlu-rayは
アイアムアヒーロー
2015年 2:07 (AVC) (DTS-HD Master Audio 5.1)

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の花沢健吾の人気コミックを実写化したパニックホラー。
あぁいつもの漫画・アニメ原作のクソ実写化・・・と思っていたが、
評判の良い声が多数聞こえてきた本作。


内容は突如として広まった原因不明の感染によって、
大パニックが引き起こされる決死のサバイバル劇。
私の大好物である”ゾンビ映画”だ。

はぁま~たゾンビ映画ですか、しかも邦画でぇ?
っと少しでも思ってしまった事を改めねばならい。
和製ゾンビ映画として、
ようやくハリウッドのそれと肩を並べる時が来たのかと。


ゾンビ映画としてのツボはキッチリ抑えており、
前半の感染パニック、中盤のショッピングモール篭城、
ラストの脱出劇と、王道だからこその楽しさがある。
また感染パニックものだが、
漫画原作とあって割りとこじんまりとした群像劇に収まっているあたり、
邦画との相性良くまとまっている。
特にクライマックスでの地下シークエンスは、
まさに今時の俺TUEEEEE展開を見ているようで最高に気持ち良い。

あまり期待していなかった映像面も頑張っており、
グロシーンやアクションシーンなど、
多少の粗っぽさはあるものの、ケレンミとして十分通用するレベル。
邦画で有り勝ちな、
違和感バリバリのCG多用で興醒め・・・と言う事は無い。


どうでもいいが、
ナチュラル美人だった長澤まさみもすっかり劣化
旬な華を感じさせる有村架純が完全に食ってしまっている。
あぁ時の流れというのは斯くも恐ろしい・・・

画質は良好。
色温度の高めなTVライクな画調ながら、
解像度感やコントラスト感は十分高い。
やや彩度が低い事や黒の引き込みが早いので、
多少の観難さはあるかも。

音質も良好。
こじんまりし勝ちな邦画サラウンドだが、
空間を広くとってあり、移動音などはスムーズ。
ただ低音に厚みが無く腰高な印象かも。
ショットガンの音にもう少し迫力が欲しかった。

人気コミックの実写化だが出来は上々。
和製ゾンビ映画としても十分通用するクオリティがあり、
期待以上の満足度はあるだろう。
漫画テイストやオーバーアクションな点が気になる所ではあるが、
それも含めて邦画の面白さと捉える事が出来れば。


血液感染なら「28日後…」のように口や目を塞ぐ注意が必要。
あれだけ血を飛び散らせて・・・。
また感染のスピードがマチマチ(ご都合主義)だし、
過去の記憶があるから何なの?なぜ襲ってくるの?
噛み付くことに意味があるの?
人を襲う≠噛み付き≠食事
そもそも感染者と非感染者の区別をどうやって・・・?
共食いとかせーへんの?
なんて、ゾンビ映画好きな独り言。


   



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

2017.04.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販