(BD)ザ・ウォーク

本日のレンタルBlu-rayは
ザ・ウォーク
2015年 2:03 (AVC) (DTS-HD Master Audio 5.1)

1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに挑戦した、
フィリップ・プティの著書を実写化した実録ドラマ。

たしか公開当初はロバート・ゼメキス監督による、
地上411メートル、幅わずか2.2センチの、
空中闊歩を”新次元3D映像”体験~うんちゃらかんちゃら。
3D映像をウリにしたサスペンスアクションみたいなのを想像してた。
けど、内容的には、
ワイヤー・ウォーク(綱渡り)大道芸人の偉業伝記ドラマ風。


実録ドラマとしては確かに驚くものではあるし、
たとえCGだと分っていても、
リアルな映像に高所恐怖症じゃなくっても、
膝の裏あたりがモアモアしてしまう。

今でこそ素手でビルをよじ登るパルクールが、
「スパイダーマン」なんてあだ名を付けられたまに見かけるけど、
この時代は綱渡りが注目を集めていたのか。
しかもワールド・トレード・センターの建設時。

これが何とも筆舌に尽くしがたい。
そう、世界中の誰もが察するだろう、9.11テロ事件。
本作では一切それを匂わすような映像・説明等は無いのだが、
今は無きWTCビルを見るとそう思わずにはいられないし、
隠れたメッセージである事も間違いないだろう。
映画を観終える頃には切なくも?虚しい気持ちに駆り立てられる。

そしてなにより、CGで再現されたWTCビル。
映像はリアルそのものなんだけど、
頭の中で”作り物(偽物)”として認識してしまう。
実話だし、リアルな映像に見えていても、
どこかファンタジー(フィクション)の世界を見ているような気分も。


画質は良好。
3D映画として作られているのだろう、
立体視を意識したアングルやカメラワークが多く、
さぞ3D映像として見たら足も竦むことだろう。
2D視聴ながらもゾクっとする高解像度感。
ただほんの少しソフトなタッチかも。

音質も良好。
左右の分離感が良いのか、
正確な音像定位感があり臨場感たっぷり。
その為やや広がりには欠ける印象かも。
また上下方向への高さもあまり感じられず。
その分、劇伴の奥深さが印象的だった。

ワイヤー・ウォーク(綱渡り)大道芸人の半生を通して、
今は無きワールドトレードセンターへの追悼の想いに馳せる。
想像していたのとはちょっと違ったけど、
改めて9.11テロ事件の重さを実感させられた。
(本編中には一切そういったものは描かれていないけど)
またクライマックスの40分たっぷり使った、
高所恐怖症泣かせのシーンはそうで無くとも足が竦む思い。


    



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2017.03.30 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 さ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販