スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

コーヒー豆は生鮮食品!鮮度が命!

コーヒーの賞味期限は3ヶ月とも半年とも、
長いもので1年ともされているけど、
本来の味を保てるのは焙煎してからおよそ2週間と言われている。
時間が経つと、香りが弱くなっていき、
嫌な酸味・苦味が強くなっていく。

温度や湿気、紫外線など、
生鮮食品同様に気を付けなきゃならない点が多いけど、
まずなによりも酸化。
これが最も大敵。
豆の状態で保存が望ましく、
酸化面積が増える粉の状態だと、
豆の状態に比べ3倍以上劣化スピードが早まるとか。
理想は淹れる直前に挽く。

よく窒素充填のドリップパックを見かけますが、
(私も長らく愛飲してたけど)
酸化は抑えられても、鮮度の劣化は抑えられていません。

またスーパーなどでよく見かける真空パックでカチカチになってるアレ。
そもそもコーヒー豆は焙煎後、炭酸ガスを放出するもの。
(お湯を注ぐと粉がむくむくと膨らむアレは炭酸ガスの仕業)
いくら空気を抜いて密閉しても、
豆が炭酸ガスを放出する訳だから、むしろパックは膨らまなきゃおかしい。
焙煎し立ての豆は本来、バルブ付の袋に入れられている事が多いです。

1353.jpg

まぁどんな状態の豆であっても、
淹れ立てのコーヒーが一番大事で、
次いで、
挽き立て
炒り立ての順になるのが基本でしょうか。

例えるならば、
炒り立ての豆を挽いた状態が鮮魚まぐろだとすると、
ドリップパックや真空パックは冷凍マグロ。
インスタントならネギトロくらい。
缶コーヒーに至ってはツナ缶のようなもの。



テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

2017.03.19 | Comments(0) | Trackback(0) | コーヒー沼

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。